フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« いよいよ明日から・・・ | トップページ | 恐怖の秋の足音… »

にいたん、はしゃぎすぎ〜

先週、「26日はヘルパーさんにあやたんとお留守番をお願いして、午前中はにいたんとママの時間。宿題タイムになるのか、好きな所に遊びに行くのかは、宿題の終わり方次第だよ」ってリリース。
俄然、にいたんの宿題ペースはアップ!どこに行きたい、とリクエストするよりもとにかく終わらせることに必死。(可愛いね〜)

で、めでたく遊びに行けることに!!
行き先は、久留米にある青少年科学館。ここはお気に入りの場所であやたんも一緒に何度か行ったことがある。

今回のにいたんの最大の目的は、夏休み期間中の特別展示「ブラックジョーの冒険」。夏休み前に学校からもらったチラシのことがずっと頭にあったのだそうだ。

ヘルパーさん、いわく「いつになく、にいたんの顔が緩んでる〜」
許された時間は4時間。

行きの車、二人だけのお出かけなのに後部座席に乗り込むにいたん。気がつくとあやたんのチャイルドシートに座っている。…これってやっぱり情緒不安定の現れか?赤ちゃん返りか?

科学館に到着するなり、お気に入りの常設展に目もくれず目的地へ一直線。
科学館版お化け屋敷とでも表現したらいいのかな〜。そんなおどろおどろしい雰囲気。
一番怖がっていたのは、真っ暗な通路を歩いていくというもの。ホントに真っ暗闇の通路を壁を伝いながら進んで行く。
いや〜、あのにいたんの怖がりようったら、やっぱりまだ二年生だった。
お化け屋敷ではないから、何か脅かすようなものが急に出てくるわけではないけど、壁の素材が途中で変わっただけでドキドキして怖くて先に進めなくなる。
途中途中、クイズを解きながらスタンプを集めてゴールでプレゼントをもらう。
…で結局、にいたんはこの特別展示を5回も往復。そのうち1回は、あの暗闇通路を一人で挑戦してきたからたいしたもの。

プラネタリウムでの映画も楽しんで科学館を後にした。
さすが、ヘルパーさんとの約束の時間がきちんと頭に入っているので、時間になったらさっと頭を切り替えて帰るにいたん。ママは改めて感心したよ。
帰りの車では助手席に座ったので、満足したんだろうな〜。

午後からはあやたんの時間。盲学校のさくらんぼ教室。もちろん、にいたんも保護者よろしく同行。何しろ今回のさくらんぼ教室は「水の感覚に慣れよう!」とプール遊びになっているので、僕の出番!と張り切ってくれている。
実は昨日の療育センターもプール遊びで、にいたんの方がはしゃいでいた。
…で今日も、みんな体が冷えて着替えた後、一人でプールを占領していつまでも入ってる有様。

さくらんぼ教室が終わった後、いつもはみんなとのおしゃべりをママは我慢してにいたんの学校に迎えに行くのだけど、今日は違う。ゆっくりとおしゃべりを楽しめた。
それ以上に、にいたん、全く帰る気なし…。
ローラースケートの靴を見つけてこっそり履いてるかと思えば、ボーリングのピンをどこからか引っ張り出してくる。
小さなお友達に追いかけ回されて遊んでるかと思えば、紙芝居を読んであげてる。
…あやたんは、いつのまにかお昼寝。

あと○分、あと○分…とどんどん延長され気がつけば5時。

付き合ってくれたお友達、ありがとう。
先生方、長居してすみませんでした。

そして、帰りの車でにいたんが言った言葉とは。

にいたん「みんな、先に帰って欲しかったのに」

ママ「なんと勝手なこと言ってるの」

にいたん「だって、そしたら僕、一人だけで先生と遊べたのに」

ママ「…」

一体、あなたは誰の子供なの?
にいたん、君も男だったのね。若いお姉さんを独り占めしようだなんて。

全くもってはしゃぎすぎのにいたん。夕飯の頃にはフラフラと魂が抜けたようになってました

« いよいよ明日から・・・ | トップページ | 恐怖の秋の足音… »

兄弟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/31120843

この記事へのトラックバック一覧です: にいたん、はしゃぎすぎ〜:

« いよいよ明日から・・・ | トップページ | 恐怖の秋の足音… »