フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 寝る、寝る、寝な〜いの週末 | トップページ | やっと8キロ超え! »

落花生アレルギー

月曜日、無事ににいたんは学校に行った。何事もなかったように・・・。

さて、午後からある相談事を受けた。近所の主婦友達3人が、我が家に集合。

相談事とは、来春、小学校に入学する娘さんのこと。かなり重症の落花生アレルギーの持ち主で、なんと、なんと、入学予定の小学校から「入学拒否」。教育委員会からもかなり難色を示されているという・・・。ちなみに春には隣の市にお引越しする。そこでのお話し。

数日前、仲介してくださった方からの電話で、常用している「自己注射が・・・」と言われてので、医療行為になるので拒否されているのだろうかと思っていた。

でも、やっぱりこういうことは本人から直接は聞いたほうが間違いない。ということで、当事者であるお母さん、仲介してくださった方、にいたんのクラスメートのお母さん友達で元看護師さん、そしてママで話を聞いた。

いろいろ確認してみると、使用している注射はエピペンといわれるもの。これは医療行為に当たらず、現に、幼稚園に通っている。

給食などはアレルギーを持った児童用に選択制だったりするけど、エピペンを常用するほど重症のアレルギーの児童はどうやらこの市では前例がないらしい。確かに一歩間違いがあれば、死に至るほどのもだから・・・という言い分なのかもしれないけど、責任を持ちたくないというのが見え隠れ。

死に至らないためのエピペンなのに、擁護教諭まで「私には使えない」と拒まれてしまったらしい。

この手の就学問題にまつわる話は全国あちこちにあるよな~。痰の吸引の問題を説得して幼稚園に入れてもらった女の子のニュースも以前流れたよね。

病気、障害・・・普通とちょっと何かが違うだけで「無理です」と拒否。学校って子ども達が初めて経験する社会ではないのか??そのプレ社会から拒否されたら大人になったとき、どこで暮らせというのだ!と言いたくなる。引越し予定のお家の契約まで「待ってください」なんて学校側が言うこと自体変な話。「私の校区には引っ越してくるな」としか聞こえない。

・・・・いかん、いかん、熱くなるだけでは問題解決にならず。

一緒に話をしに来てくれた元看護師ママの長男は、2歳のときに心臓のペースメーカーを入れている。ついこの間は、ペースメーカーの調子が悪くなり入院騒ぎ。結局、新しいペースメーカを入れなおす手術をした。場所が変わったため、手を上げることを禁じられたのだという。もちろん、今までも運動制限など男の子にとってはとても辛い条件がずっとついて回る。

そんな息子さんのこと、入学前の学校との話し合いのことなど、状況は違えども色々と話してくれた。経験者の話が一番!

とにかく、次回、学校と教育委員会と話し合うまでに説得材料として揃えておきたい資料などをリストアップ。実際に同じ状況で受け入れてもらったお子さんがいるという他県情報もゲット。

さてさて、あやたんの時はどんな問題が持ち上がってくることやら・・・。カンガルーの親子では、既に幼稚園の受け入れ問題に直面しているお友達がチラホラ。

でも、一番大切なのは、「私はこんな体だから、我慢しなくちゃいけない」と何でも否定的に考えてしまう子どもに育てないことなのかもしれない。

母親としては「私がこんな体に産んじゃったから・・・」と思ってしまう。だからこそ、どんなに辛くても子どもには「ごめんね」って悲しい顔を見せたらいけないのかもしれない。そんなお母さんの顔を見ていたら、「私って生まれちゃいけなかったのかな」「私って可哀想な、大変な人間なんだな」って思ってしまうのかな・・・・。

とにかくお友達、ちゃんと春には笑顔で入学式が迎えられますように!!!ママももっと情報を集めてくるね。

« 寝る、寝る、寝な〜いの週末 | トップページ | やっと8キロ超え! »

あやたんママのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

★しずかさんへ★
そうなのよ、就園・就学ってちょっとでも何かあると大変なのよ~。公立なんて特に「教育委員会」のご意見が出てくるからね。何かあったら困るから受け入れ拒否とかね。義務教育なのに公立でだよ!!

学校行くにも色々な問題があるのね。
うちは年齢が上のせいか自分でもある程度対応できるだろうということで結構色々な人が来てます。

★れいこさんへ★
事なかれ主義のこの世の中。大切なこと、大切な者を守るためには正々堂々と声を上げ続けていきますよ!!よろしくね。

「うちの学校にお任せ下さい!!」といえる学校が・先生がなかなかいないね。

子ども本位に考えてくれる先生ほど、冷遇される学校現場の現実。

責任問題、人手の問題、施設の問題、知識の問題、そしてなによりお金の問題・・・・
もっとも大切なものにエネルギーを注がない日本って、どうなるのだろうと、怒りをこえて、絶望的になる・・・・

でも、14日「ももこ」福永さんの一人芝居をみて、子ども達の為に、今私たちは諦めちゃいけないと強く思わされました。大切なものと必死に守ろうとしている人は必ずいる。だから、私たちも、ね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/30144942

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生アレルギー:

« 寝る、寝る、寝な〜いの週末 | トップページ | やっと8キロ超え! »