フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 聞けてる?聞けてない? | トップページ | 始める?トイレトレーニング »

タヌキにいたん

月曜日。
市の療育相談室のリトミック。
あやたんの訓練だけど、一番張り切っているのはにいたん。この日も、にいたんを学校に迎えに行き、その足で会場に向かった。

さて、新年度になり、リトミックの内容も昨年とは少し変更。
その中に「どんぐりコロコロ」と床に体をピーンとまっすぐ寝転がり、ゴロンゴロンと部屋の端から端へと転がり、往復したら、子守唄の音楽に合わせて静かに寝る、というものがある。

とにもかくにも動き回りたい!というお友達にとってはかなりの至難の技。あやたんにとっては寝返りの良い練習。

さてさて、会場には気持ちよい風が入ってくる。まさに薫風、5月だな〜。

ゴロンゴロンと戻ってきたにいたん、子守唄に合わせて気持ちよさそう。
ん?何?
なんだかホントに眠ってしまった??

でも、あれは絶対にタヌキだぞ。
そのあとのプログラムも無視してそのまま床に寝そべっている。
ん〜タヌキ?
ん〜ホント?
終わりがけに「あ〜気持ちよかった」と起きてくる。「だって体育会の練習で疲れたんだもん」。
気持ちはわかるけど、ここはお昼寝会場ではない!!と喝。

あの中で一番、年上なんだけどな〜。お手本になって欲しいんだけどな〜。これがママの本音。

リトミック終了後、広場でみんなで走り回って遊んでる姿を見てると、「世の中いろんな障害を持つ人がいるけど、そんなことを気にせず当たり前に接することを自然と身につけさせたい」それがこのリトミックににいたんも連れてくる理由だったことを思い出し、
リトミックの最中に「きちんとしなさい」「ふざけたらダメ」って言ってたこと、なんだかにいたんに申し訳なくなっちゃった。

みんなで仲良く、楽しむことが一番!よく考えたらまだまだ二年生!

« 聞けてる?聞けてない? | トップページ | 始める?トイレトレーニング »

兄弟」カテゴリの記事

コメント

アドバイス本当にありがとうございます。とても参考になりました。
確かに眼科の先生にはまだ小さいから今出来ることは何もないと言われました。けれど色々な刺激を与えてあげることが大事ですよね。
あやたんママのブログは盲学校の様子などとても細かく書かれていてとても勉強になります。
またコメントさせていただくことがあると思いますがよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。

★こーちゃんママさんへ★
こんにちは、お久しぶりです。
まずは退院おめでとうございます。
目のことは心配ですよね。あやたんもそうでした。未熟児網膜症のことだけではなく、NICU入院中は片目だけ変なところに寄っている時期があったり、退院後も眼振がひどかったり・・・。眼球がすぐに行方不明になることもしょっちゅうでしたよ。
正期産で産まれたあかちゃんも生後1ヶ月ぐらいはほとんどよく何も見えていません。目が合うという時期ももうしばらくしてからです。生後半年のときは、だいたい産まれたての新生児の感覚で観察していました。
眼振動は様々な訓練でずいぶん改善されつつあります。
もしかしたら、目が合うにはお母さんとの距離がまだまだ遠いかもしれません。白黒のコントラストのあるものや光るもの(盲学校で100均のピカピカする棒のライトと使いました)で目の前を左右に動かしてあげたり・・・。以前もお友達が盲学校に一緒についてきて、同じようなことを言っていたので、先生が試したら、顔を動かして光を追いかけていました。「ア!ちゃんと見えているんだ!!」ってお母さんは感激してました。
 距離が近いことと動かすスピードをゆっくりすることで試してみてはいかがでしょうか?
もし、判断に困る場合は、眼科医だけではなく盲学校や療育センターなどの視覚障害者専門のところに相談してみることも有効ですよ!眼科医は「目」そのものしか診察してくれない人が多いものです。
見えてるかどうかは「目」だけではなく、視神経や見るという力の引き出し方が大切。これは視能訓練士さんなど視覚障害者教育に携わっている方も力強い味方になってくれるはずです。
長くなってすみません。

前にも一度コメントさせていただきました。
娘が448グラムで生まれ、先月生後五ヶ月で退院し、きのう一ヶ月検診へ行きました。
今まで未熟児網膜症で一度レーザー治療をしましたが、その後の経過もよく、今回も問題ないと言われました。
しかし今まで目が合うことがなく、光も感じてるように思いません。
それに目が横揺れします。
まだ何とも言えない時期なので、色んな色を見せて目に刺激をあげるように言われましたがとても心配です。
あやたんは目の手術などされていますが、NICUの頃など光は感じていましたか?
目が合いましたか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/29584981

この記事へのトラックバック一覧です: タヌキにいたん:

« 聞けてる?聞けてない? | トップページ | 始める?トイレトレーニング »