フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« リハビリは夢の中で | トップページ | スプーンの練習 »

消防署訪問

午後からあゆ母と一緒に消防署を訪問してきた。

カンガルーの親子での講習会依頼に・・・。電話でお願いだけしていたので、正式な申し込み手続きをしてきた。

NICUを退院してきたあと、みんな不安な毎日を過ごしているはず。退院前、無呼吸に時々なっていた子もいるし・・・。

急な高熱に嘔吐。熱性けいれんを起こした子もいるし、あやたんみたいにてんかんのある子は大きな発作がいつ起きるかわからない。

慢性肺疾患や心臓疾患の子もいる。誤嚥もありえる。

ハイハイしたり、歩きだしたりすれば、今度は怪我や異物の飲み込みなんてことも。

「急なできごと」にはどうしてもパニックになっちゃうもの。何をどうしたらいいのかわからなくなるもの。家の電話番号さえ思い出せないなんてこともある。

心肺蘇生をはじめ、家庭でできる処置は?

かかりつけ医(卒業したNICUやフォローアップー検診の病院)が家から遠い子も多い。子供たちのことの何をどう救急隊員に伝え、搬送先の医療機関につなげてもらうか?

もちろん、カンガルーの親子に参加している子供たちがどんな子供たちなのか全て説明済み。

救急救命士「最近は、500g満たない子も助かるからね・・・」

ママ「はい、この子。500gなかったです」

救急救命士「え!!・・・・大きくなったね」

通常3時間の講習を、カンガルーの親子バージョンで1時間半に短縮して行ってもらうことに。(だからきっと1時間半びっちり・・・)

この企画は6月の定例会で開催予定。

できればパパやおじいちゃん、おばあちゃんなどたくさんの方に参加してもらえれば嬉しい。市の未熟児担当の保健師さんたちも一緒に考えてくれたら嬉しい。

救急救命士の方への質問や実際にあった皆さんの体験など募集中です!!

ちなみに5月は、お待たせしました。ちょっと時期が遅くなりましたが、お下がり交換会を予定してます。タンスの整理をお願いします。

« リハビリは夢の中で | トップページ | スプーンの練習 »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

★さよたんさんへ★
ご遠慮なく!!1500g未満の体体重児で生まれた子が対象ってスタートしてるけど、子供の発達や病気で悩む母の気持ちは同じ。何も心配せずにどうぞ。定例会の詳しい日時や場所はカンガルーの親子のホームページhttp://n-kan-oyako.moo.jp/
を見てくださいね。
そのうちにベビーサインの講師をお願いしようかな。そうすれば遠慮なく参加できますか?!

あやたんママさん、れいこさん
お誘いありがとうございます!本当にいいんですか?
ずうずうしくお言葉に甘えて、日程があえばぜひ参加したいです。

さよたんさ~ん
ぜひぜひおいで下さいっ
みんなも待ってま~す(゚▽゚*)

★さよたんさんへ★

いえいえ、好きでやってるので楽しいですよ。まだ仕事を感覚で〜す(退職して二年なのに)
よかったら定例会に参加しませんか?!4月やこの6月の内容、興味ありだったらどうぞ。ウエルカムですよ。

★あゆ母さんへ★
今までいろんなお母さんたちと話しをしてきたことの蓄積ですよ。幸い、あやたんは退院後、今まで緊急事態はなかったけど、てんかんの大きな発作が起きるかわからないと言われてます。救急隊を呼ぶ目安とかも言われてるんだよ。

救急で運ばれた先の医師があまりにも超低出生体重児に対する認識、知識がない対応だったとかいう体験をした方もいて…。
いざという時にパニックにならない自信ってないけど、子供たちをまず守るのは親。できる限りの心の準備が一番!

講習会の依頼など色々されているんですね。
子育てで忙しい中、頭が下がります。
でも確かに急な出来事が起こるとパニックになってしまいますよね。
子供のことを書いたメモを母子手帳にはさんでいるけど実際にそういう場面ではきちんと伝えられるか自信ないです。

昨日はおつかれさまでした&ありがとうhappy01さすが、あやたんママといつも思ってますが、今回も準備万端に資料作って話進めていただいて、きっと消防士さんから為になるお話し聞けること間違いなしですよ~scissors普通の救急講習受けた事ある方もいるかもしれませんが、あやたんママのおかげで一味(うーんもっとかもcoldsweats01)違うはずですよflair

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/29056197

この記事へのトラックバック一覧です: 消防署訪問:

« リハビリは夢の中で | トップページ | スプーンの練習 »