フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 特別支援教室の保護者会 | トップページ | 動きたくなるモチベーション »

にいたん「こころのノート」

にいたん、寝る時間になったのに子供部屋で何やらゴソゴソ。
「ねえ、あやたんの本当の誕生日いつだったっけ?」なんて聞いてくる。
つまり生まれてくるはずだった出産予定日を聞きたかったみたい。

気配から、いつもの書き書きメモ魔が始まったみたい。
もうちょっとで、あやたんのお誕生日だもんね。

するとにいたんが背中越しに、いつもの大事なメモ書きノートを持ってきた。
「こころのノート、書いたよ」って。
どうやら今日の道徳のテーマの続きをやっているらしい。

『ぼくのいもうとははやく生まれた。ほんとうは3月13日なのに11月15日』
そんな書き出しで始まった。

ママも妹も死ぬところだった。ぼくはとてもかなしくて、ねむれなかったとか…。(ノートを抱えて寝ているので写せないのが残念)

ちょっぴりグスグス言いながら。だからママの後ろに座ったのね。

そんな文章を書いたにいたんが、ママはちょっと嬉しかった。

確かに悲しかった出来事だけど、こうやってママもあやたんも元気に生きてるもの。
そして、にいたんは優しくて強い男の子に成長したと思うから。

それにしても、ワンワン泣き出してしまったにいたん。自分で書いて、自分で感情が高まって、眠れなくなってしまったみたい。

書き始めた時間が悪いよな〜。
顔を見られたくないのか、「あっち行っていいよ」、と言ったにいたん。

これからも、ママと(?)あやたんのお世話をよろしくね。

« 特別支援教室の保護者会 | トップページ | 動きたくなるモチベーション »

兄弟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別支援教室の保護者会 | トップページ | 動きたくなるモチベーション »