フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 音楽ランドの事務所へ | トップページ | にいたん「こころのノート」 »

特別支援教室の保護者会

午後からはにいたんの通う小学校に行ってきた。と言っても、にいたんの用事ではない。

昨夜、支援学級の先生(障害児を考える会ですっかり仲良し)から、市の福祉課との懇談会も予定しているのでと、お電話を頂戴した。

行ってみると意外にも小学校在籍中の保護者だけではなく、来年度あたり入学予定の保護者の顔も。校長先生も出席。

さて、今回の市の福祉課の方のお話は、自立支援法にもとづいた障害児のショートステイについて。

もし急に私(母親)が病気になった時などお世話をしてくれるところはないか?兄弟児の用事で出かけるが、一人で留守番をさせることができない。

こんなふうに校内の保護者から問い合わせが続いたので、今回の企画になったということらしい。他にも市の療育相談室の方も出席していた。

療育手帳がなくても、認定されれば日中一時支援の手帳を発行してもらうことも可能らしい。

なるほど、こんな制度があるのね。

とはいえ、最近、カンガルーの親子の仲間や四つ葉の会のお母さんと話題になっていたので、病児(在宅酸素や薬の服用が必要)、身体の発達遅延児など乳幼児も可能なのか・・という質問をしてみた。

あんまり納得のいく答えはもらえなかった。・・・というより前例があまりないのかな?というか年齢的に障害の認定が難しいということなのか。(確かに発達障害の判定は無理な年齢だけど・・・)医療行為も発生することも壁なのかもしれない。

でも、市の職員は皆しっかりメモってくれていた様子。

ママも一度、申請に行ってみようかな、なんて思った。

そうすれば、問題点含め、もっといろんなことが見えてくるかな?

もし、こういった行政のサービスを利用したことがある方。是非、どうだったのか、教えて欲しいなと思ってます。

« 音楽ランドの事務所へ | トップページ | にいたん「こころのノート」 »

あやたんママのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽ランドの事務所へ | トップページ | にいたん「こころのノート」 »