フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« チャレンジ!大分大会3日目 観光 | トップページ | はじめまして、四葉のママさん »

初めてのST

いつもの朝1番のPTのあと、続けて初めての言語療法STを受けた。

言語療法と言っても、言葉ではなく、コップで飲みたがらないことを解決させるためにお願いしていたから。

いつも使うマグマグ、断念したコップ各種、おやつなどを持参していった。

前のリハビリ疲れなのか、初めての先生だったからか、ずっとご機嫌斜めのあやたん。

ママからあやたんの現状をいろいろお話しさせてもらった。実際にマグマグで飲む様子や棒状のビスケットを食べる様子など、しっかり口、唇、舌の動きを先生がチェック。

いざコップになると口をへの字にして、断固、口をあけない様子に先生も思わず苦笑。

とにかくコップで遊びながら、存在そのものに慣れるというのも一つの方法だといわれた。過敏は頬にもあるのか、コップでほっぺたをスリスリと先生が遊んでも特に右側は嫌がっていた。こうやって遊びながらコップと肌をなじませ、口元に持っていくことを繰り返す。

もう一つは、やっぱり良く見えていないから、コップで何かを飲むんだという認識、真似から入るということができないでいるのかな??

スプーンで好きな食べ物はしっかり口に入れて食べれるのだから、好きな飲み物で誘導する方法も考えてみることも有効だと。ん~、だからと言って特別、大好きな飲み物がないんだよね・・・。というか虫歯が怖くて、お茶、牛乳、ミルク以外は積極的にあげたことがなかったから。(ほんと時々・・という程度)

もちろん、口のなかにちょっと多めの水分が入ってしまうとうまく処理できずに、まるで口の中だけで溺れている状態で困っているのも問題。

でも、まずはコップを口につけても嫌がらないようにしないとね。

慌てず、あせらず、やっていくしかないのかもしれない。

気長にいくぞ~!!と早速、あやたん専用のプラスチックのコップを遊び用に購入。叩こうが、何しようが、どうかコップに慣れておくれ。

« チャレンジ!大分大会3日目 観光 | トップページ | はじめまして、四葉のママさん »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チャレンジ!大分大会3日目 観光 | トップページ | はじめまして、四葉のママさん »