フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 保育フェスティバル | トップページ | カンガルーのイラスト、誕生! »

めぐみっ子クラブ講演会

めぐみっ子クラブ講演会
弱視の子供を応援する「めぐみっ子クラブ」の定例会に初めて参加。
今日は、福岡高等盲学校の講師の河野先生の講演会。
カンガルーの親子の目がねっ子組、にいたん、パパも一緒だ。
河野先生は高校生の時、理科の実験中の爆発事故で、視力を失っている。光も感じることができない視力ゼロ。

以前から一度は話しを聞いてみたいと思っていた先生。
きっと血の滲むような努力で教師になられているはずなのにユーモアたっぷりのお話。
特に今日は弱視の子供達(大半が小学生)とその両親が主な聴衆なので、子供たちにも分かるようにお話しされていた。
何人かの子供たちは単眼鏡を使用していた。
にいたんは、講師の白杖とこの単眼鏡が気になっている様子だった。(もちろん小声で説明)

さて、失明してから教師になるまで、そして今日までの話し。

完全失明を宣告された人の半分は、自殺あるいは自殺未遂をするのだそうだ。見えるのが当たり前の世界から、ある日突然、光すら感じることができなくなる恐怖。ふと、あやたんの手術前のあの感情を思い出した。確かに怖かった。

不安はあった。でも先生は自殺しようとは思わなかったのだそうだ。目が見えない=何もできない、そう思い込んでいるから次の一歩を踏み出せないだけだと。

そして、教師になりたいという夢に向かって先生は進み出した。
当然、大学受験がある。点字をマスターしなければならない。点訳してくれるボランティアを探さなければいけない。点字受験を認めさせなければいけない。
ひとつひとつクリアし、5浪して合格。教員採用試験も、模擬授業を見せ、全盲でも教師ができると説得し受験、3度目で合格。

中途失明の方の苦労は半端ではないはず。指先で点字を読むことも、白杖で町を歩くことも、努力し続けなければ習得できないはず。
先生は子供たちに「みんなが羽がなくても困らないように、見えないことは困らないよ。それが当たり前だから」と。
新聞を読むことと車を運転すること以外はなんでもできるよと言っていた。
当たり前になるまでの訓練…。

先生の話しを聞きながら、どんな困難も、その(障害や状況の)世界を知ることで不安は解消するし、何よりも次の一歩を踏み出す勇気があるかどうかが大切なんだな〜って思った。
起こった現象を良いことにするか、悪いことにするか、それを決めるのは自分なんだよと先生は話しを締めくくった。

そのあとの質疑応答には、小学生のみんなも手を挙げていた。ちょうど4年生の教科書に点字のことがあるらしく、そのことを質問していた子もいた。

最後は先生のピアノ演奏&歌。井上陽水の「少年時代」を、素敵な歌声…。盲学校に登校してくる子供たちを思いながら作ったという自作の曲も披露してくださった。

素敵な講演会。めぐみっこさん、ありがとう。

« 保育フェスティバル | トップページ | カンガルーのイラスト、誕生! »

ママがもらった勇気の言葉」カテゴリの記事

未熟児網膜症」カテゴリの記事

コメント

★yumiko☆さんへ
初コメありがとうございます。
いろんな人の輪が広がっていくことの素晴らしさ!!こんな素敵な先生のお話を聞けて感謝です。言葉にされなかったけど、見えないことを受け入れるまでには、きっとすごい葛藤があったと思うんだな。それからの先生の「当たり前になるまでの」格闘。あきらめない心が大切なんだね。
また遊びに来てくださいね。

★roboさんへ
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。NICU退院後は、娘の目の手術で何度か一般眼科病棟に一緒に入院しました。大部屋なのでおばちゃまたちといつも一緒。大学病院の眼科なので、こんなにいろんな眼疾患があるのかと驚いていました。ブログも読ませていただきました。お母様なんですね。お子さんのことでいろいろご苦労もされていた様子。これからも仲良くしてくださいね。いつかどこかでお会いできると嬉しいな。

とても素敵なお話だったんですね☆
「当たり前になるまでの訓練」
という言葉がすごく印象的でした。
私もそんな気持ちを持っていろんなことを
しっかり受け止めていけたらいいなぁと思いました。

それからかわいいイラストの完成おめでとうございまーす♪
ますます活動が広がりそうですね!


はじめまして。
RSSリーダーで辿り着いて拝見しました。
もっとも緑内障で視野が狭いためスクリーンリーダーと言う音声パソコンで聞いたというのが本当ですが・

 私も来月ある河野先生の講演会に行く予定で楽しみにしています。自分が視覚障害者になってそう遠くない将来に失明するので、少しでも元気でがんばっている人の話を聞いて目標としたいと考えています。

立場は違いますが、がんばってください。


★ちーちゃんさんへ
先生のお話、とっても素晴らしかったですよ。
★コキさんへ
きっと、ユウトくんもたくましい、素敵な大人になれるよ!先生の「親が手を出しすぎていては何もできなくなる」という中学生の傘に例、肝に銘じておこうと思いました。
★あゆ母さんへ
心の壁、知らないことで勝手に心の中に作ってしまう世界・・・(つまり偏見)。怖いですね。いろんな差別や戦争を引き起こす原因なんだなって思いました。これからもいろんな人との出会いを大切にしていこうね。

昨日はほんとあっと言う間の1時間半でした~happy01とっても素敵な先生のお話に魅了されてましたshine目が見えないなんて感じさせない、あのたくましさに感動heart01あゆ君がもっと大きくなったら、ぜひもう一度一緒に先生の話聞きたいなって思ったよup先生の話にもあったように、私も違う世界作ってたから、あゆ君のおかげで、自分の世界広がったようなきがするよscissors

昨日はお疲れ様でした(・∀・)
先生のお話、すごく楽しかったですね。
考え方ひとつで人生は楽しくも辛くもなるということがよ~くわかりました。これから何でも楽しんでやろうと思いました!
ユウトにも先生のような大人になって欲しいなぁ。

お話良かった

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 保育フェスティバル | トップページ | カンガルーのイラスト、誕生! »