フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 紙芝居 | トップページ | 始動!「四つ葉の会」をよろしく »

眼科へダッシュ!で、度数変更

朝のリハビリを終え、眼科にダシュ!!

担当の先生は、今日は午前中のみの診察だから。

とにかく、早く失くした左目のコンタクトレンズを早く注文しなくっちゃ。

なんとか11時半に到着。(一応、電話だけは入れておいた)

診察は主治医、コンタクトレンズの度数検査は視能訓練をしてくださる検査部長先生。

診察室と検査室をウロウロ。

今まで使っていたコンタクトレンズの仕様(度数とかカーブとか)を書いた紙も持参。

検査部長先生、「あれ?」と何度も検査用のレンズを覗き込む。

「ちょっと左目、度数が強すぎるかな」って。

意図的に度数を強めにして、近く(手元ぐらい)にピントを合わせて、見る力をつけるのだそうだが、それにしてもなんだか少し緩めてあげてもいいようなことに。

だから、やたらと目をこすっていたのかな?

ちょうど度の強すぎる眼鏡をかけてたら嫌になっちゃうような感じだったのかな?

結局、少し遠く(といっても1mかもう少し手前ぐらい?)にピントが合うような度数に変更することに。もちろん、主治医の先生との相談の上、決定。

診察では、「コンタクトをしてるときと、しなかったときの変化は?」と先生からの質問。

それが、特にわからない。反応が悪いといえば、悪いけど、かといってものすごく見づらそうということはないから。

夜、コンタクトを外した状態で、暗い部屋にいたってちゃんとおもちゃを掴みにいってしまうから・・・。

先生は・・・さもありなん。

生まれた時から、あまりよく見えてない状態が当たり前だから、そのまま見る力がついていき、特に不便を感じない。見えていた人が、今のあやたんのような状態になったらとっても不便で、見えない!と感じる。

だからママは気にしない。見る力をつけるために視能訓練頑張ってるんだもん。そして、眼の動きがよくなってきてるのは、リハビリの先生方も実感してくださっている。

でもね・・・。

主治医の先生から、「右目はやっぱり、あんまり使ってないかな~」って。

つまり右目で見ず左目でばかり見てるということ。(アイパッチ組になる??)

まぁ、右目は何かと問題ありだしな。多分、視野も問題があるはず。

なにしろ網膜はく離という爆弾を抱えている状態。今はそれを抑えるためにシリコンコイルが入っているから、「見る」という練習をするにも、余計なものが入っている状態なわけで・・・。今はとにかく、網膜はく離の恐怖から解放されるよう頑張るのが一番。

コンタクトなくなってしまったのはショックだったけど、度数変更でまた世界が変わるきっかけになったのはよかったのかな?!

それにしても、高い、高すぎるっっ。

もちろん、還付申請の書類、先生に記入してもらえるように渡してきたよ!

« 紙芝居 | トップページ | 始動!「四つ葉の会」をよろしく »

未熟児網膜症」カテゴリの記事

コメント

あやたん、度数変更になったんですね。
より見やすくなれば、落ちた事が分かって教えてくれるようになるかも!
出かけるたびに、レンズ落としてないかドキドキしながら確認してるので、うちも早く「おめめ」覚えて欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙芝居 | トップページ | 始動!「四つ葉の会」をよろしく »