フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 8月のカンガルーの親子 | トップページ | 初・観劇は涙 »

プール&バーベキュー大会

プール&バーベキュー大会
筑紫野市にある「障害児・者を考える会」主催のプール・バーベキュー大会に参加してきた。場所は市内某小学校。
気になっていた天気もなんとか青空が見える状態で一安心。
障害児・兄弟児・保護者・ボランティアの学生と教師・役員。市内全域から集まるので、一体何人いたんだろう??
今回は、どっちかというとにいたんのストレス発散を目的に参加。
パパも仕事の都合がついたので、一緒に参加。

実は同じ市内に住むカンガルーのお友達を誘っていて、家族三人揃って参加してくれた。

まずは子供たちのお楽しみのプール。気がつくとにいたんは、開会の挨拶中、すでにプールの中・・・全く誰に似たんだか。

今回、驚き、感心したのは一対一で子供たちにボランティアがつくということ。にいたんは託児扱いで大学生のお姉さん、あやたんは要配慮でボランティアできていた小学校の特別支援担当の先生がついていてくれた。
親は親同士、子供を気にせず交流してくださいという配慮から。

バギーや歩行機のお友達にも、もちろん介助のボランティアさんが付き、プールだって一緒に入ってしまう。
嬉しいな、こういう光景。
さてさて、あやたん。朝からコンタクトを入れようかどうか迷ったあげく、結局、裸眼で参加。それに、水着も準備している。
幼児用にビニールプールも準備されてたけど、にいたんたちの歓声を聞いていたら、やっぱり初プールということに。

もちろん、何が怖いかっていうと眼病。だから目に水がかからないことに注意し、パパの抱っこで、いざ水の中。

水が冷たかったからか、雰囲気が怖かったのか、完全に体は固まり、足は拒否。目のことを気にするまでもなかった。

その後、ボランティアの先生にビニールプールに抱っこしてもらって入ることに。でもやっぱりダメ。

やっぱり水が冷たすぎたかな??

カンガルーのお友達は、シャワーが苦手だと言ってたのに、お父さんとおおはしゃぎでプール遊びを楽しんでいる。
あやたん、来年の目標はアレだ!

結局、体育館に戻って服に着替えて、どっかりと座りこんで、他のお母さんやボランティアの先生とずっとしゃべっていた。
カンガルーのお友達も、プールから戻って来て、今度は広い体育館の中を走り回っていた。気がつくと知らないお姉ちゃんと遊んでいたり楽しそう。

昼食はバーベキュー。
ところが食べる頃になってすごい雨。
時々、焼かれたお肉が配給のように体育館の中にやってきた。

幸い、一時間ほどで雨は上がり、お腹が満たされたにいたんは同じクラスのお友達とまたプールに飛んでいってしまった。
午後は、プール、かき氷、くじ大会、しゃぼん玉、スイカ割りと子供たちのお楽しみがたくさん。
にいたんのことは、ボランティアの学生さんとパパにがつ任せて、ママはあやたんとのんびり。
もちろん担当の先生にもたくさん遊んでもらった。

こちょこちょ攻撃で、寝返りも成功(?)。くすぐったくて、体をよじった勢いでの寝返り。
実はこれ、にいたんが家で時々やっている荒業。

そうこうしているうちに、閉会の時間。
朝の9時半から14時半まで、たっぷりあそんだ一日でした。

« 8月のカンガルーの親子 | トップページ | 初・観劇は涙 »

ある日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月のカンガルーの親子 | トップページ | 初・観劇は涙 »