フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« ※お知らせ※8月のカンガルーの親子 | トップページ | にいたんの深層心理は? »

ぎっくり腰でアジ美

アジ美とは、福岡アジア美術館のこと。

あやたんのリハビリの後、美術館で開催されている「不思議の森ミュージアム」に行こうと、数日前からにいたんと約束していた。

と、ところが・・・。

リハビリに出かける直前、引き出しを開けようとホンの、そうホンの少し腰を曲げた瞬間、全身に電気が走った。

ぎっくり腰・・・。

全くもって、なんてこった・・・という気分。

とにかく体に負担のかからない服に急いで(でも実際にはとんでもなく時間がかかり)着替え、産褥ニッパーをコルセット代わりに巻き、とにかくリハビリに向かった。

リハビリには、何人か小学校高学年ぐらいの、全く自力では動けない男の子が同じ時間に来ている。お母さんも当然、いい年頃。あやたんが10歳になれば、ママもあのぐらいの年齢になるんだよね・・・つまり50歳前後。

そんなお母さんが、全く自力で動けない男の子を抱える・・・。

きっと何回も、ぎっくり腰をしてるんじゃないんだろうかと思ってしまう。

そうでなくてもお母さんの体には相当な負担のはず。

全く自分の力で体を支えることがないあやたん。7kgないとは言え、丸のままその重さがかかる。知らず知らずのうちに、体にひずみが来てるんだろうな。しかも、20kgを越すにいたんが、平気で全体重で飛び掛ってくるんだかもんな~。

どんなにしっかりしてるねと、周りから言われているにいたんも、やっぱり小学1年生。

このママの状況をどこまで把握しているやら。

なんとかリハビリを終え、家に戻らず、そのまま時々お世話になっている整体に直行。

本当は、リハビリから直接、美術館に行く約束だったので、説得するのに往生したけど、応急処置でもしておかなければ、途中で歩けなくなり、大変なことになるよと脅かして(でも実際にそれぐらいの状況)、納得してもらった。

ところが、施術の間中、台の周りをまとわりついている。

整体が終ったら終わったで、もうママが大丈夫だと思っているところがやっぱり子供。「さぁ、電車で行くよ」と急ぐにいたん。

整体の方も、本当は今日出かけることはやめて欲しそうにしてたけど、子供二人を持つ人で、そうはいかなそうな様子も察知してくれ、にいたんに「今日はママを守ってね」と釘をさされていた。

あやたんのベビーカーを杖代わりに、電車で美術館に向かった。

080805_134812080805_134731だけど、来て正解だった。

不思議な空間に絵本がたくさんのコーナーがあったり、ゲゲゲの鬼太郎のコーナーがあったりで、にいたんはおおはしゃぎ。工作(アトリエ)体験のイベントも満喫。会場も広く、目が届くので、ママはあやたんと椅子に座り込み、にいたんを野放し状態。本当はゆっくり自由に絵本を読めるコーナーに居たかったけど、その気力がなかったことが一番悔やまれる。(とにかく動きたくなかった)

あぁ、もう1回来たいな。でも8月17日まで。ん~難しいかな。

ちなみに、にいたん。いろんな妖怪をたくさん見たせいか、寝たと思ったら急に起きてきてあやたんのベットにもぐりこんじゃったよ~。

ついでに、こんな時に限って、パパは週末まで出張なんだよね。

« ※お知らせ※8月のカンガルーの親子 | トップページ | にいたんの深層心理は? »

ある日の出来事」カテゴリの記事

兄弟」カテゴリの記事

コメント

ハイ、ぎっくり腰はなぜかくせになるようで、独身時代に2回、結婚してからも2回ほど動けなくなりました。整骨院に行きたくても自分で運転が出来ない(T_T)重いものを持ち上げる時は気合いが入っているせいか大丈夫なのに、なんのけなしに立ち上がった時とか(>_<)背筋を鍛えるといいと聞き、運動をしてみるものの長続きしないこの性格(^^;)いまだにギクリと危ないことがあります。他には外反母趾&顎関節症もやっちゃってまして、口が開かないことが20代で発症して現在まで5回ほどあります。ま、そこは歯科衛生士なので、慌てず付き合ってますけど(^_^;)

あらららweep母としてよく頑張ったねweep私も高校時代に、若いくせにぎっくり腰になってね・・・ほんと私の場合は身動きもとれない位痛かったから、あのつらさよくわかるよwobblyほんとくせになるからねsign03無理しないようにって言ったて二児の母のつらさよくわかるけど、動けなくなったらもっと大変な事になるから気をつけてよup

ハハハ、面目ないです。
ぎっくり腰といっても、なんとか歩いているので、そこまで重症ではないと思うのですが、とにかくこの数日間、毎日、整体です。
ゆっくり横になれる状況じゃないから、腰よりもかばってる背筋とか脚のほうがだんだんパンパンです。
アジ美はお勧めですよ。今回の企画は17日まで。お早めに!

あやたんママ〜(>__<)

クセになるらしいし…気をつけてぇ☆☆

でもアジア美術館?楽しそう!
うちも連れて行ってやりたいなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ※お知らせ※8月のカンガルーの親子 | トップページ | にいたんの深層心理は? »