フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« シラミ騒ぎ | トップページ | おちょくるなぁぁ »

ママも諦めないよ

夏休みの子供たちのための企画のヒトコマで、あるお兄さんのお話しを聞いた。
当時、甲子園を目指す高校球児。ある日、突然、片手に力が入らなくなる。
いくつもの病院をまわり、たくさんの検査をし、最後の病院で「野球はあきらめるように」と言われる。
お兄さんの病気は100万人に一人という神経の病気で筋肉が萎縮し、命もあと3年と宣告。

落ち込むお兄さんは、お祖母さんに叱られたのだそうだ。
「この状況を運命のせいにしてただ嘆いていてもダメ。どうこの苦難を乗り越えていけるかで人としての真価が試される」(確かこんな感じだったと思う)

お祖母さんだって泣きたい気持ちだったに違いない。

そこから絶対に無理だと言われる大学目指しての勉強が始まる。それまでは学年の後ろから何番目。勉強して勉強して学年で3番までなり、見事に大学も合格。
そして気が付けば、医師からも「病気が治っている」と。
困難に立ち向かおうと挑み続けたことで、体の中で次々と奇跡が起きていった。
ガン患者なんかも生き甲斐を見出だすと治癒するなんて話しをよく聞く。

最近のママ、あやたんのことで少し弱気になっていた。
本当に座れる日が来るんだろうか、立って歩ける日が来るんだろうかって。

今日の話しは小中高生に向けてのメッセージだったと思うけど、ママは涙が止まらなかった。そして勇気をもらった。

諦めないよ。絶対に。
いくつもの危機を乗り越えて今ある命。
絶対に意味がある。
諦めたその瞬間から、成長は止まる。
諦めない気持ちを、あやたんの中に、あやたんの細胞ひとつひとつの中に育てることが、今のママの大切な役目なんだと思う。

絶対に、絶対に乗り越えていける。

« シラミ騒ぎ | トップページ | おちょくるなぁぁ »

ママがもらった勇気の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シラミ騒ぎ | トップページ | おちょくるなぁぁ »