フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« パパの夏休み工作 | トップページ | ※お知らせ※9月のカンガルーの親子 »

24時間テレビ

昨日、今日とにいたんとママは24時間テレビにくぎづけになっていた。

にいたん、どういう訳だか闘病物や障害を乗り越えてといったドキュメント番組系が大好き。幼稚園の頃から涙を流しながら見ているような子供。

ママも小学生の頃からその手のノンフィクション物を読むのが好きなほうだったから、もしかしたら遺伝?(そんなもの遺伝しないだろうけど)

今年もまた、たくさんの子供たち、ご家族の頑張る姿に勇気をもらった。

あやたんを産んで、特に乳幼児の闘病物には敏感に反応してしまう。そして、そのお母さんの表情や言葉のひとつひとつに…。

番組の中でSPEEDの今井絵里子さんの聴覚障害を持って誕生した長男の紹介もあった。その中で彼女は「あせらず、くらべず、あきらめず」と語っていた。障害、発達遅延、病弱など普通の育児というわけにはいかない親たちにとって、この言葉は、とても大きな意味のある言葉だと思う。
そして、今のママにとって大きな勇気となったのが、水頭症をはじめ11もの病気を持って生まれた少女とお母さん
医者からは余命一年、立つことも歩くことも、しゃべることも、口から食べることもできないだろうと言われた少女。
その女の子が、武道館の舞台に立ち、歌っている。
そうなるまでのお母さんの覚悟、挑戦、愛情、そして「この子は生きたくて生まれてきた」と子供の生命力と可能性をどこまでも信じ続けてきたことで、医学的には不可能だと思われたことを全て乗り越えてこれたと思えて仕方がなかった。「明日実」という名前に込めた思いが全てを物語っている。
あやたんも負けてはいられない。

めげずに、くらべずに、あせらずに、家族一丸となって挑戦し続けるのみ!!!
にいたんも言葉には出さないけど、テレビを見ながらいろんな事を感じているに違いない。

手足の欠損という障害、脳性まひの子、難病…そのどの子供たちも生き生きと、いろんな事に挑戦をしていた。

小学生になる前の春休み、リハビリについて来たにいたん、翌日、ついて行きたくないと言ったことがあった。理由は言わなかったけれど、全く自力では動けない自分よりちょっとお兄ちゃんの姿がショックだったみたい。何しろ初めての経験だった。

でもこの夏休みは違った。そんな重症のお兄ちゃんを何人見ても大丈夫、歩く練習を頑張る自分よりも小さいお友達を優しい目で見ていた。
リハビリには片腕の肘から下のないあやたんと同じぐらいの歳のお友達もいる。
そんないろいろなお友達を見てきたことで、テレビの中で頑張っている子供たちのことも架空の世界のことではなく、現実の出来事だと理解できていたようだった。

そして、涙しながら「目にゴミが入ったと(博多弁)」と言い訳(笑)

自分の思うように思いっきり遊べず、夏休みを満喫したとは言えなかったはずだけど、きっと心は大きく成長できたとママは思っている。

さあ、いよいよ明日から二学期。

あやたんの静かなお昼寝タイム確保できるか、それとも遊んでくれる人が減って退屈モードになるか…。

« パパの夏休み工作 | トップページ | ※お知らせ※9月のカンガルーの親子 »

ママがもらった勇気の言葉」カテゴリの記事

兄弟」カテゴリの記事

コメント

なっちさん
私も遠泳の少女、応援してました。
最後、中断になってかわいそうだったね。
だいだい毎年、24時間テレビに釘付けになり、涙してることが多いけど、あやたんを産んで、当事者(特に子供)の頑張りに対して感動するだけでなく、どうしてもその親、特に母親の姿に惹かれてしまいますね。
めげちゃぁいられないね!母は強し、太陽でいなくっちゃね。

私も今井絵理子さんの事すごいと思いました。きっとたくさん悩んでたくさん泣いてここまで来たんだろうなって。
私はまだまだ青いなって、強く感じました。
遠泳に挑戦した盲目の少女が、「走るのが苦手な人がいるように、私は見る事が苦手なだけなんです。」って言ってたのを聞いて、ゆうきにもあんなふうに前向きに明るく輝いて欲しいと思いました。そのために親である私たちがしっかりしなければ!!
今年の24時間テレビでは、今までとは違う勇気と力を貰いました。

それにしても、あやたんパパさんの工作、素晴らしすぎ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パパの夏休み工作 | トップページ | ※お知らせ※9月のカンガルーの親子 »