フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 1週間ぶりのお目目 | トップページ | 初めての視力検査と先生との再会 »

お宿探し中

ママの弟が「チャレンジ!大分大会(第8回全国障害者スポーツ大会)」に出ることが決まった。(決まったのはちょっと前だけど・・・)

佐賀県の水泳代表だぞぉぉ。

体のバランスが何かと悪く、しょっちゅう転んでいた弟の子供時代。でも水は大好きで、水泳をずっと続けてきた。(だから、最初はなかなかコースをまっすぐに泳げなかったけど。)

それが、県の代表だなんて、なんだか嬉しい。

ばあちゃん曰く、ずいぶんフォームもきれいになったらしい。30歳過ぎてもちゃんと進歩していっているのが分かるって。

大会は10月の3連休。

ばあちゃんとママとにいたんとそして、あやたんの4人で応援に行くことにしている。

開会式は大分市内。その後、水泳の会場、佐伯市に移動。

ばあちゃんは、応援がメインだか、孫たちと旅行したいだけなのか、とにかく今からおおはしゃぎ。(選手は宿泊、移動すべて選手団で動くので別行動)

「お願いだから、急いで宿を探しておいてね。ついでにみんなで遊べるところもね」と頼まれたママ。

そうだよね、だって全国大会なんだもん。

全国から選手、スタッフ、ボランティア、そして、応援の人たちが来るから今から探さないとなくなるよね。(しかもその前週まではいわゆる一般の国体)

どこかいいとこないかな??

2泊3日、あやたんも頑張って応援に行こうね。

« 1週間ぶりのお目目 | トップページ | 初めての視力検査と先生との再会 »

ある日の出来事」カテゴリの記事

コメント

わ〜☆歯科衛生士さんありがとう(^O^)
喜びます♪

パソコンでホームページ開いたら、かじりついて見てますもん☆

なっちゃんがパンフレットもらったら、絶対に連れていってあげないと大変なことになるかもですねheart04
我が弟は、小学生時代には確かにスイミングスクールに通ってましたが、その後は我流のはず・・・。ほんと、赤ちゃんの頃からプールにプカプカ浮かぶの大好きだったんだよね。母が「帝王切開で生まれて、羊水の中が恋しいのかしら」なんて冗談で言うぐらい。ということは、あやたんもプール好きになる?ってそんなの関係ないよね。

弟さんはスクールで鍛えてるの?すごいなあ。うちの6年生の理子は、プールは大好きだけどめちゃくちゃかなづち(母に似て(^^;))佐伯は遠いねえ・・・ハーモニーランドの日出町は、別府、大分よりも福岡寄りだけど、佐伯は宮崎寄りだもんね(私の実家の隣町はほぼ中津です)日田経由で行くのかな?ハーモニーランドは3回ぐらい遊びに行ったから、2年前のだけどパンフレットがあるので、今度なっちゃんにあげようね(^_^)v

弟さん、すごぉ〜〜い!佐賀県代表!
私は水泳がまったく…カナヅチって私のための言葉かと思うくらいダメなので、泳げる方がうらやましい!

頑張って応援してきてください♪♪
大分なら温泉もあちこち出てるし〜☆いいお宿がたくさんありそう!

大分と言えば、なっちゃんは最近、キティとシナモン大好きなので、ハーモニーランドに連れて行けってうるさい…。
いきなりリュック背負って「今から行くよ!」とか言い出すし。言い出したら聞かないし(^_^;泣いて暴れまくり…。
夏は暑いから秋くらいには連れて行ってやるかな〜。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1週間ぶりのお目目 | トップページ | 初めての視力検査と先生との再会 »