フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 7月の盲学校教育相談 | トップページ | Sサイズ卒業 »

兄妹の会話はリハビリ?!

あやたんは、にいたんとお話するのが一番好き。

にいたんの声に、おもしろいぐらい反応する。

宿題の『おおきなかぶ』の本読みでも、「うんとこしょ、どっこいしょ」というところが、たまらなく可笑しいらしく、そこになると「キャッキャッ」と大声で笑うあやたん。

にいたんも、だんだんエスカレートして、そこにくると声色をいろいろ変えて変な声をだして読み出した。

ママは見ていて呆れるやら、可笑しいやら。

そのうち・・・

にいたん、「あ~!」。あやたん、「あ~!」

にいたん、「きゃ~!」。あやたん、「きゃ~!」

と、なんとも不思議な会話で楽しそう。

そんなこんなの毎日で、ママはあることに気がついた。

あやたんの舌のねじれが、なんだかゆるくなってきている。

右手右足の麻痺・左右差はもちろんだけど、それに連動しているのか、舌も右側がつったようにねじれた感じがずっと気になっていた。

「バッ」とか「パッ」とかの音を出せずにいたこともあって、小児科の主治医にも、カンガルーの親子に来てくださっている作業療法士の先生にも、この舌のねじれで今後の発声・発語がどうなるのか不安だと相談しているぐらい。

それが、どうもねじれがあまり気にならないぐらいになっている。

こうやって毎日大声を出していることが自然とリハビリになっているのかな?

もちろん食事をすることも、舌を上手に動かす練習にもなるけど、どうもこの兄妹の変な会話の効果のように思えてならない。

さぁ、こうなるとにいたんにお願いしなくっちゃ。

ちゃんと「言葉」で会話してね。

« 7月の盲学校教育相談 | トップページ | Sサイズ卒業 »

兄弟」カテゴリの記事

育児・発達」カテゴリの記事

コメント

きっと8月はにいたんも一緒にカンガルーの親子に参加するはずなので、その時にお楽しみください~い。

愉快なリハビリだね〜〜♪
にいたんとあやたんの笑ってる姿を想像すると楽しくなるなあ♪♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月の盲学校教育相談 | トップページ | Sサイズ卒業 »