フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« コップでごくっ!あんよをガブッ! | トップページ | 超多忙な一日②6月のカンガルーの親子 »

超多忙な一日①読み聞かせボランティアと発達相談会

明け方から本格的に振り出した雨。

6時過ぎ、佐賀のばあちゃんからの電話が鳴った。

「すごいよ~こっち。床上浸水したらどうしよう」

佐賀地方は記録的な雨量で大雨洪水警報が出っぱなしだった。夕方のローカルニュースでも浸水した町の様子が流れた。

そんな大雨の中、今日はスケジュールがいっぱいだ。

08:30 小学校での読み聞かせボランティア

10:30 Nっ子クラブ カンガルーの親子の定例会

14:00 県の発達相談会

16:50 にいたんの学校へお迎え(放課後自主学習のため)

なにが憂鬱かって、あやたんとの移動・・・。

カンガルーの親子もこの雨だと、みんなの移動が心配。とにかく無事故で参加して欲しいと朝から祈らずにはいられなかった。

どしゃぶりの中、小学校に向かう。

あやたんと車で学校に到着したら、あれれ??にいたんがずぶ濡れで学校に到着。一体どこで追い越したのやら。それよりも家を出てから1時間近くたっている。いくらどしゃ降りでもそれはあんまりではないかい?(普通、徒歩25分ぐらいで行くはずなんだけどなぁ)

まぁ、それはそうとして、読み聞かせデビューもなんとか無事に終了。あやたんもベビーカーで教室に同行したけど、ぐずることもなくいい子でいてくれた。

夕方、小学校ににいたんのお迎えに行った時、そのクラスの女の子たちが声を掛けにきてくれた。学校に赤ちゃんなんて珍しいもんね。

その後、そのままお友達をお迎えに行き、カンガルーも親子の会場に向かった。途中、この大雨の影響や急な発熱での欠席の連絡が入った。それでも初参加者や久しぶりの参加者などかなりの人数、部屋の空調がまともにきかないぐらい・・・。(会の様子は別記事にて)

偶数月は、午後からカンガルーの親子と同じ会場で、県の発達相談会が行われる。にいたんが小学校に上がり帰宅時間が遅くなったのであやたんも初めてこの相談会を受けることにした。

いつもカンガルーの親子に顔を出してくださる作業療法士の先生と小児神経の先生の診察を受けた。

病院とは違いって、なんだかゆっくりとこちらの聞きたいことに対して答えてくださる雰囲気がとてもよかった。

作業療法の先生からは、これから進むであろう右の硬直の予防のためのかかわり方や座位を増やすことの大切さなどアドバイスをもらった。

視覚にトラブルがある子の場合、どうしても運動面の後れが出るのは仕方がない。あやたんはさらに脳出血によるダメージ(つまり脳性まひ予備軍)も加わっている。現在、5ヶ月ぐらいの感じかなとのこと。まぁ、ママも1年の後れは覚悟済み。

ただし、聴覚での遊びや認識はしっかり1歳7ヶ月相当あるようだとのこと。だからできるかぎり意味のある言葉を掛けてあげることがとても大切。

何か動作に入るとき、物を認識させるとき、声をかけながらつなげ合わせていくことで世界が広がる。見たり、動いてりして自然と世界が広がらない分、こちらからの働きかけが重要なのかもしれない。

小児神経の先生とは初対面。カルテであやたんの誕生からかかった病気など、ざっと見て第一声、「大変だったんだね」。

改めて脳室周囲白室軟化症のことを聞いてみた。他にもいろいろお話しを伺う中で、未熟児の場合、1歳過ぎたからといって単純に脳性麻痺と判断できない場合が多いとのこと。絶対に歩けないだろうと思っていた子が、急に歩けるようになったという例もよくあるそうだ。それぐらい正産児と比べ予測できないのだと。成長をグラフで表すならば、未熟児の場合、ある日突然、線がグッと急上昇することがあるらしい。特に、1歳から2歳にかけての成長はすごいよって。

単純に考えればあやたんの現実は厳しい。でもママは決して希望を見失ってはいない。なんていったって、あやたんが一番がんばっている。

さぁ、明日はリハビリと盲学校だぞ!

そうそうカンガルーの親子に新しい仲間が増えそうだ。

発達相談会の会場で、県の職員さんから「この方も来月から参加したいそうよ」って、ひとりのお母さんの紹介を受けた。多分、NICUを退院してまだそんなにたってない感じの赤ちゃん。来月もまた賑やかになりそうだ。

« コップでごくっ!あんよをガブッ! | トップページ | 超多忙な一日②6月のカンガルーの親子 »

ある日の出来事」カテゴリの記事

その他の病気・検診など」カテゴリの記事

コメント

先日はおつかれでしたhappy01まじハードな一日だったんだねwobblyあやたん、発達相談の時限界っぽかったもんねbearingでもほんとカンガルー&発達相談の時は充実感いっぱいで、私の体的には疲れるんだろうけど、心は元気になれる1日なんだよねhappy02また来月から新メンバー来てくれそうだねheart01私もその方とちらっと話したけど、嬉しいねscissorsどんどん輪が広がって行くねheart02

参加したかったな、カンガルーの会(-_-)むかし、アロマに、はまった時期があったので。お話を伺いたかったです。この日は、大雨警報が久留米にも出てて、一緒に登校しているお友達2人を車に乗せ、学校に連れて行きました。側溝から雨水があふれ出て、道は川と化し、のろのろ運転で渋滞です。あやママよりひとまわり以上年上(だよね)の私は、早朝からのバタバタにエネルギーを費やしてしまったのでした(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コップでごくっ!あんよをガブッ! | トップページ | 超多忙な一日②6月のカンガルーの親子 »