フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 読み聞かせ講習会 | トップページ | あやたんのためなら、ちょっと無駄使い・・・ »

『500gで生まれた娘へ』

一日中、雨、雨、雨。

梅雨入りしたんだから、当たり前の天気なんだけど。

今日は、カンガルーの親子のメンバー、なっちゃんママとなっちゃんが遊びに来てくれた。

そう、この雨の中、なっちゃんのお下がりをあげるよ~って、たくさん持ってきてくれた。あやたん、いっぺんに衣装持ち!!パパにタンス買ってもらわなきゃいけないんじゃないの??なんて冗談を言うぐらい。

どれも可愛くて大感激!

さて、たくさんのお洋服と一緒に、『500gで生まれた娘へ』という本も持ってきてくれた。

ママが、『生きています、15歳』という本を買っていて、なっちゃんママに貸してたんだけど、「たしか、家にそのお母さんが書いた本があったはず・・・」と探して持ってきてくれた。

『500gで生まれた娘へ』著:井上美智代(ポプラ社)

『生きています、15歳』著:井上美由紀(ポプラ社)

子供たちが寝たあと、一気に読んでしまった。

この母にして、この子あり!!

お母さん自身の人生もものすごいけど、その人生があったからこそ、たった一人でも美由紀ちゃんを素敵な子供に育てあげることができたんだろうなと思わないではいられなかった。

本を読み終わって、やっぱりこのお母さんに会いたくなった。

美由紀ちゃんの本を読んだ時もそう思ったけど、お母さんの本を読んで「やっぱり会いたい」と思った。

危険でなければ、早く子供とふつうの生活をしたいと、病院に退院をお願いする母。

未熟児で感染は怖いけど、心を育ててあげたいと、あちこちに連れて歩く母。

いろんな覚悟と愛情をたくさん感じた。

美由紀ちゃんは、,あやたんのお家から見える電車に乗り、あやたんが月1回お世話になっている盲学校に通ったということ。本に出てくる先生はお名刺を交換したこともある。

きっとどうにかすれば会えるんじゃないんだろうか。

きっとカンガルーの親子のみんなも話を聞きたいのではないのかしら。

そう思うと、ママの頭の中はどうしたら実現できるかでいっぱいになってしまった。

« 読み聞かせ講習会 | トップページ | あやたんのためなら、ちょっと無駄使い・・・ »

ママがもらった勇気の言葉」カテゴリの記事

コメント

歯科衛生士さんからもメールで、あの人だよ~ねって来ました。本の出版のときに会いに行ったそうです。きっとどこかでつながるはずなので、カンガルーに来てもらえるようにがんばりますっ。盲学校の先生にでも今度聞いてみようかな~。

私もその本、ちょうど出産後入院している時に病院に置いてあって、借りて涙しながら読んだよbook初めて読んだ未熟児の本で、勇気をもらった本だよshineほんとほんと直接お話聞けたら最高だねheart01久留米だったよね?!歯科衛生士さんつながりないかなhappy01

おさがり喜んでもらって、私も凪咲も嬉しいです♪

本にもたくさんのメッセージが詰まっているんだけど、実際にお話を聞けたら、もっともっとパワーをもらえそうですね!
実現したらすご〜い☆☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 読み聞かせ講習会 | トップページ | あやたんのためなら、ちょっと無駄使い・・・ »