フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« シュンペイ母体験⑧・・・息子の病気をきっかけに | トップページ | リハビリ用にぎにぎ試作 »

シュンペイ母体験⑨・・・そして今、思うこと

息子は今1歳8ヶ月となりました。身体は小さめですが最近やっと上手に歩くことができるようになりました。お兄ちゃんに揉まれながらたくましく成長しています。次男の特徴なのか、自分が泣いてもケロッとしているし、ときどきお兄ちゃんを泣かせることもあります。何でも兄を見て真似をしようとします。発達には兄はいい存在だと思います。子育ては二人目ですが、長男の時とは少し違う気がします。積み木を上手に積んだり、お絵かきをしたり、お気に入りの本を読んでとせがんだり、普通の子供ではあたりまえのことでも、こんなことが出来るようになったなあとひとつひとつが小さな喜びです。

先日生まれてから今までの写真をアルバムにまとめました。私が退院して面会に行き始めてからは毎日写真を撮りました。看護師さんから毎日頂いた体重と飲んでいるミルクの量を書いたメモも張りました。呼吸器をつけていたり、口からミルクの管を入れられていたり、点滴をしている腕を動かさないように腕に大きな支えを貼り付けてあったり・・・・・。鼻の呼吸器がはずれて上を向いている鼻の顔、初めてミルクを口から飲んだ時、初めてお父さんとお母さんに抱っこされた時、あ~こんなにしていたなあと今では写真を見ないと思い出せないほどです。

息子が生まれて思ったことはたくさんあります。お医者さんや看護師さんの仕事や医療の大切さ、すばらしさをはじめ、息子と同じ未熟児や心臓の病気で生まれたお子さんを持つお母さん方との交流はいつも楽しく、勉強になり、励まされパワーをもらっています。

そして息子が超未熟児として生まれて私が一番思う事は、とても心配性な性格の私を鍛える為に早く生まれてきたのかなということです。これからも大丈夫かな?心配だな?という気持ちは一生続くと思います。でもそれを乗り越えて私を強くしてくれているような気がするのです。私と正反対の性格の夫はあまり心配をしません。何事も悪いほうに考えない性格です。私はそれにすごく救われた気がします。心配しても何も変わらないのです。心の無駄遣いなのです。心配しないとはすごいことです。それができれば本当に精神的に強くなれると思います。息子が生まれて1年8ヶ月、泣き虫だった私も卒業しました。少しずつ私を成長させてくれています。

身体が多少小さくても息子には周りを気にせず我が道を行く男になって欲しいです。夫と同じB型なのでその素質はありそうです。

これからまだどんなことがあるか分かりませんが、私を強く成長させてくれる機会と思って乗り越えていけたらいいなと思っています。

« シュンペイ母体験⑧・・・息子の病気をきっかけに | トップページ | リハビリ用にぎにぎ試作 »

カンガルーの親子たち」カテゴリの記事

コメント

もりこさん、原口さん、コメントありがとうございます。シュンペイ母は、一人でも多くの方の参考、力になればと忙しい育児の中、原稿を書いてくださいました。カンガルーの親子では、これからも一人でも多くのお母さん方の生の体験談を掲載していきますね!

ありがとうございます。このようにお母さんの出産前からの心理を知るのは初めてでした。私はNICUで働いている頃毎日赤ちゃん、お父さん、お母さんに多くのことを学ばせてもらい自分自身大きく成長させてもらいました。今は新生児を離れていますがやはりいつかはまたNICUで働きたいと思います。
しゅんぺいとの出会いはとても貴重で生まれた時からの成長を一緒に過ごすことはこの仕事をしていなければ難しいと思います。その貴重な経験をさせてもらい感謝してます。
しゅんぺい、生まれてきてくれてありがとう。しゅんぺいのパパ、ママしゅんへいを産んでくれてありがとうございます。

しゅんぺいママ頑張ってるんだね、とエールを送りたい気持ちで一杯になりました。子どもの成長は親としての成長と言うけれど、私も子育て真っ最中の母親として、本当にそのことを痛感する毎日です。子どもがいなかったら私自身こんなに誰かの事を想ったり、愛しく思ったり、必要以上に悩んだり、心配したり、涙したり、笑ったり、喜んだりする事はなかったんだろうなっと思うと、子どもが生まれてきてくれたお陰で、どんなに私の人生は豊かになったか、神様に感謝したいですね。しゅんぺいママもきっと小さく生まれてきたしゅんぺい君のお陰で、素晴らしい人生が送れる事と思います。がんばれー!しゅんぺいママ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シュンペイ母体験⑧・・・息子の病気をきっかけに | トップページ | リハビリ用にぎにぎ試作 »