フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 助成金応募 | トップページ | 盲学校、光遊び »

病院開拓(?!)

福岡市内にある、まだカンガルーの親子のチラシをおいてもらっていない病院に行ってきた。

今回は、お世話になっている保健福祉環境事務所の県の職員さんも一緒だ。(昔、この病院で助産師として勤務していたということもありセッティングしてくださった。)

目的は、会の趣旨説明とチラシを置いてもらうこと。カンガルーの親子について説明している資料、新聞記事とチラシを持参。

小児科とNICUの看護師長さんお二人にじっくりお話しすることができた(と思ってる)。県の職員さんも、熱~く、熱~く語ってくださった。決して一病院のNICU同窓会的なものじゃなく、産後すぐの方も含めてのピア・サポートが目的なんですって!!

この方がいたから、去年スムーズに会を立ち上げることができた、って言っても過言じゃない。その後もいろんなところで力を貸していただいている、とっても強~い味方。

傾聴ボランティアも考えていること、そのためには病院側(行政も)がコーディネーターとなっていただく必要性もあることをお伝えした。

思い伝わったかな??

「近頃のお母さんは、ブログでいろんな方と知り合って、悩みなどいろいろお話しをしているみたいですよ」とも言われたけど、

カンガルーの親子の基本は毎月の定例会。つまり、実際に会って話すことがとても大事だと思っている。一度にいろんな人の話も聞けるし、そして、専門家のアドバイスをその場で受けることができれば尚、良い。(だから、いつも看護師長さんや作業療法士の先生が積極的に関わってくださってるんだけど)

カンガルーの親子に参加中のみなさんは、是非、この会でもらった元気や感想をどんどん病院や他のお母さんに伝えていってくださいね。

« 助成金応募 | トップページ | 盲学校、光遊び »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 助成金応募 | トップページ | 盲学校、光遊び »