フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« シュンペイ母体験③・・・わが子との対面 | トップページ | シュンペイ母体験⑤・・・NICU山あり谷あり »

シュンペイ母体験④・・・一つ目の山

1日に何度も面会に行っている間にあることに気づきました。2時間に1回ミルクの時間があって、保育器の上に準備してあるのですが、息子はミルクの時間になっても何も準備してありませんでした。お隣の赤ちゃん(Sさん)のところにはいつもあるのに・・・。看護師さんに「なんでうちの子はミルク飲まないんですかね~?」と聞くと「先生からお話があると思いますよ」と言われました。

先生との初めての面談の日は私が一人で行きました。夫に「何かたいへんなこと言われるかなあ」というと「いや~言われんやろ?なんか経過とかやないと?」と言われたのであまり深く考えずに面談に行きました。

まず先生は「これから超えなければならない山がたくさんあります。1つずつクリアしていきましょう」と言われました。ああそんなにたくさんあるんだな、と思いました。

そして1枚のプリントをもらいました。病名は「動脈管開存症」。普通の赤ちゃんは生まれて48時間以内に閉じる心臓の近くの血管が閉じずにいること。今は水分制限をしているためにミルクはあげていないとのとこでした。

これから出来る治療は、水分制限をし、それで駄目ならインドメサシンという薬を投与(副作用の可能性有)、それでも駄目なときは外科手術をして血管を縛るということでした。まだ身体が小さく、手術は危険なので出来るだけ避けたいと言われました。水分制限では閉じなかったので明日から薬を投与しますと言われました。

それからすぐ夫に電話してネットで動脈管開存症を調べてもらいました。未熟児には多い病気で、生後数日の間に生命に関わる心不全状態に陥ることもあるということ、手術のことなどが分かりました。

薬で閉じますようにと母、姉、叔母に毎日祈ってもらいました。私も毎日神様お願いしますと心の中で祈っていました。

二日後、会いに行くと保育器の上に注射器に入ったミルクが置いてありました。もしかして!と思っていたら、動脈管が閉じたとのことでした。うれしくて神様ありがとうございました、と心の中でいいました。

そして、そのとき思いました。先生から「これから超えなければならない山がたくさんあります。1つずつクリアしていきましょう」と言われたことを。これからもまだまだあるんだな、そのときに決めました。もう泣くのをやめよう、全部泣いていたらきりがないと。もう泣き虫の自分を卒業しようと思いました。

息子が生まれて何日か後、隣の保育器に赤ちゃんが来ました。うちの子よりもかなり小さそうでした。お母さんが車椅子で面会に来られていました。初めてみる小さな小さな我が子、お母さんの肩は震えていました。もう泣かないと決めていたにもかかわらず、私は自分が初めて息子と対面したときのことを思い出して、もらい泣きしてしまいました。お母さんの今の気持ちが痛いほど分かりました。

出産から10日後の910日に私一人退院しました。その日はなんと長男の誕生日。この日に退院できるように合わせて生まれてくれたんじゃないかと思いました。1日でも遅れていれば誕生日は祝えなかったんですから。

それからは毎日面会に行きました。母乳も毎日1L搾乳して届けました。

« シュンペイ母体験③・・・わが子との対面 | トップページ | シュンペイ母体験⑤・・・NICU山あり谷あり »

カンガルーの親子たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シュンペイ母体験③・・・わが子との対面 | トップページ | シュンペイ母体験⑤・・・NICU山あり谷あり »