フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 1歳半検診 | トップページ | シュンペイ母体験②・・・誕生 »

シュンペイ母体験①・・・出血・入院

その夜は、夫が飲み会で不在だったので、友達を何人かうちに呼んでお菓子を食べながらおしゃべりしていました。昼間も長男を連れて出かけていたせいか、ちょっと疲れ気味だったので横になりながら過ごしていました。トイレに行きたくなったので行くと少しだけ出血していました。かかりつけの産婦人科に電話すると、見せに来てくださいと言われました。長男が寝ていたので夫に電話して帰ってきてもらいました。夫もたいしたこととは思っていなかったようで「自転車で送ってやろうか?」と冗談を言っていました。友達には帰ってもらい、私はタクシーで病院に向かいました。出血のはっきりした原因は分からないけど、このまま入院しましょうということになりました。あまり動かないほうがいいので道具は持ってきてもらいなさいと言われ、夫に電話して準備してもらい、実家の母に持ってきてもらおうと思っていました。夫の携帯にも家にもかけるけど全く電話に出ません。仕方なく家に戻って寝室に行くと高いびきで寝ていました。声をかけても全く起きず、頭を思いっきり3発叩いたらやっと起きました。「入院になったとよ!!」私は長男に会わずにこっそり行きたかったのですが、結局起きてしまい涙の別れとなってしまいました。急なことで心の準備ができていない私は、泣きながら夫に「顔合わせないで行きたかったのに!なんで起きんやったとよ~」とあたってしまいました。かかりつけの産婦人科では入院3日目くらいに出血も減ってきたので、自宅に戻らせてもらいました。安静にしていましたがまた出血したので、退院した次の日に再入院になりました。出血は少しだったのですが止まらなかったので先生が「念の為大きい病院に見せとくね?」と言われ、家に帰りたい、長男に会いたい気持ちもありましたが「先生にお任せします」と言いました。結局その日の夕方に大病院に救急車で運ばれることになりました。先生が付き添ってくださって、「今生まれたら多分助からないよ」と言われました。病院についたら詳しい検査をされました。先生が言われるには、子宮口は開いてないので今現在で生まれそうな兆候は全くありません、このまま経過を見てみましょうと言われました。それからはMFICU(母体・胎児集中治療室)で食事とトイレと数日に1回のシャワー以外は寝たままで過ごしました。カーテンで仕切られているだけなので出産間近のお母さんもたくさんいらっしゃって、陣痛のうなり声が聞こえました。私は2回目の出産で陣痛のつらさも分かっているので大丈夫でしたが、初めて出産するお母さんは、それは怖いだろうなあと思っていました。かかりつけの地元の産婦人科から、少し離れた大病院に転院して、更に長男と遠くなってしまい、悲しくて毎日ベットでこっそり泣いていました。いつ退院できるかな、いつ長男と会えるかなとそればかり考えていました。9/10が長男の誕生日だったので、それまでに帰りたいと先生にも話しました。ベットの上では長男の為に折り紙を折って夫が来てくれたときに渡しました。

« 1歳半検診 | トップページ | シュンペイ母体験②・・・誕生 »

カンガルーの親子たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1歳半検診 | トップページ | シュンペイ母体験②・・・誕生 »