フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

※お知らせ※5月のカンガルーの親子

5月の「カンガルーの親子」の会のお知らせです。
■日にち 5月15日(木)
■時 間 10:30~12:00
■場 所 福岡県筑紫保健環境事務所 1階和室
■参加費 1家族 300円
5月はフリートークです。
これまでのアンケートの中で
★学資保険について
★離乳食(7月に一応予定)
★子供の成長過程で、小さい赤ちゃんならではの役に立つこと
★母乳・授乳のトラブル解決法
などの話しを聞きたいという声が上がっています。
皆さんの体験談などを是非、お話ししてください。
子供たちも、おもちゃでいっぱい遊ぼうね!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「ぼく、ふつうの赤ちゃんがよかった」

子供というのは、感情を素直に表現するだけに、時にして残酷。

今朝の話・・・・

にいたんが、「あやたんは1歳なのに、どうしてハイハイしないのか」としつこく聞いてきた。

これまでも、何度か言われたけれど、今日はやたらとしつこい。

そして、ひとこと・・・

「ぼく、普通の赤ちゃんがよかった」

母親として、とても辛いひと言だった。

そして、思い出したくない過去を思い出した。

ママが年長さんの時、じいちゃんの転勤で幼稚園を変わった。

その新しい幼稚園で、一緒についてきていた弟のことを聞かれ、「この子、知恵遅れだから」と紹介した。

6歳になるかならないかのとき、なぜそんな言葉を使ったのか、なぜそんな紹介をしたのかはよくは覚えていないけれど、そのときの後味の悪さをはっきりと覚えている。

一緒にいた母親(ばあちゃん)に対し、「いけないことをした」とひどく後悔したことを覚えている。

6、7歳ともなるとある程度のことが分かる。

お友達の妹、弟との違いも分かる。

昨日、1歳のときから託児所で仲良しだったお友達の家族とにいたんはお出かけした。そのお友達には、4月末で1歳になる弟がいる。どうも帰ってきてからの様子がおかしいと思っていたら、今朝のこの発言。

きっとうらやましかったんだろうな。

人一倍、小さい子と遊ぶのが好きなにいたん。

早くあやたんと手をつないで歩きたい。

お外で思いっきり一緒に遊びたい。

「いろんな病気と頑張って闘ってきたから、今はちょっとのんびりしてるの。歩けるようになるために、リハビリ頑張ってるんだよ」

小児科も、眼科も、リハビリも、盲学校も全部一緒に行っているから頭ではわかっている。でも心が納得できない。

大好きな妹だけに、納得できない。

夕飯がテーブルに並んだのに、一人なにやら手をあわせて祈っているにいたん。

ずいぶん長い時間祈っていた。

「何をお願いしたの?」

「うん、あやたんが元気に大きくなれますように!!!」

ママは嬉しかったよ。

にいたんのお願い。

ママも一生懸命、お祈りするね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2回目の盲学校

いつもの金曜日のハードスケジュールに加え、さらに
リハビリの後、そのまま盲学校に向かった。

2回目とは言え、人見知りを始めたあやたんは、先生を前に硬直…。

前回はにいたんも一緒だったから、たくさんのおもちゃやトランポリンにご機嫌だったんだけどな〜。

まぁ、リハビリから続けてだしな…。

先生に、先週末ママの手に持ったパンをちゃんと目で確認して、取って食べた話をした。
すると先生、「ちょうど今日はそれをするか試そうと思ってて…」と赤ちゃんおせんべいを準備していた。あやたんの表情が変わったこと…言うまでもない(笑)。全く、食いしん坊姫と改名しようかしら。

食べて落ち着いたのか、その後、光と振動のおもちゃをいろいろ楽しんだ…
(もちろん先生はしっかり目をチェックしながら遊んでる)
その間、ママは目の動きなど気になっていることもいろいろ聞いてみた。(視認しにくい場所があるみたいだから)

たくさん話した中で先生は見る力は見ようという「意志の力」がとても大切だとおっしゃっていた。

先天的な視力障害の場合、目そのものが良くなるのではなく、見る力がつき見えるようになる、と。

いかに親、教師が「見よう」という気持ちを引き出すか、興味を持たせるか。そして能力を引き出すか。

ママは可能性は無限大だと信じてるよ。

「子供たちが出来なかったことが出来ると、ホントに嬉しくて」って言うその表情…ほんとに子供たちが大好きな先生なんだな〜。

これから月一回、お世話になります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『ありのまま』を…

25日、あの衝撃の福知山線脱線事故から3年…

最後に救出された青年のインタビューがテレビで報道されていた。

命との引き換えに、両足切断。そして、この春、大学を卒業し、社会人となったというニュース。

インタビューでの彼の言葉は心に染みた。

当たり前の日常で起きた「まさか」。周りの人たちの命が途絶えていく中で自分の死も覚悟しただろう。そして、救出されるも命の引き換えに脚を失うという次の現実。

「いっそあのまま死んでいたほうがよかった」と。

それが、

『ありのままの自分を受け止める』ことができ、生きる意味を見出だし、希望と使命を見つけ、前進していった、と彼は言っていた。

もちろん、そこに至るまでの心の中の葛藤はすごいものがあったと思う。

人生、いつどんな辛い現実を突き付けられるかわからない。
でもその現実を、自分を、足し算も引き算もなく『ありのまま』受け止めていけば、必ず道は開けていける。
彼のインタビューからママはそんなメッセージを感じた。

他にも彼の口から発せられた言葉のひとつひとつが響く。

ママも、あやたんの痛々しい姿や次々に襲う病魔、予想される後遺症の数々を前に、「助からなかったほうがよかったんじゃないんだろうか…」という気持ちが100%起きなかったのかというと嘘になる。

この『ありのままを受け止める』…知的障害を持つママの弟を育ててきたばあちゃんに言われてきた言葉。
今は何があっても大丈夫と胸を張って言える。
一人一人の生まれてきた命に意味のないものなんてない。
ありのままの現実を受け止めると、
その意味がちゃんと見えてくる。
次に打たなければいけない手も見えてくる。
知恵と勇気が湧いてくる。そして、元気になれる。
いつの間にか、周りに元気を送っている。

あやたんと進む人生。
たくさんの人との出会い。これが何より大きな財産!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スタッフミーティング

久しぶりにカンガルーの親子スタッフとのミーティングをした。

冬の間は、なるべく子供たちに負担になることは避けたかったから集まっていなかった。

これからの会の運営なんかもいろいろ話し合った。

5月…フリートーク
学資保険などの質問もあったので、体験談交換なんかも。

6月…親子マッサージ
介護福祉士、アロマテラピーアドバイザー、リフレクソロジストというある養護学校のPTA会長さん。お母さんも子供たちもマッサージでリラックス。そして彼女の明るさパワーをもらってほしいな〜という企画

7月…フリートーク+離乳食
このテーマをして欲しいという声大。進め方、内容などはこれから交渉です。

8月…『歯』!!
メンバーの歯科衛生士さん登場です。夏休みなので兄弟揃ってみんな歯ブラシ持参でチェックしよう!

9月…フリートーク
雑談の中で疑問、質問、不安を解消

10月…たまには外遊び!
これから交渉ですが、屋内会場も一緒に借りれるところを考え中。カンガルーのNっ子はみんな我が子だ!!子供のペースで遊んじゃおう!

もちろん、これは原案です。みんなの意見、どんどんお知らせくださいね!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

恐れ多くも『私の子育て講座』

先日、自宅で受けた取材分が、今日の西日本新聞の夕刊に掲載された。
『私の子育て講座』というコーナー(このシリーズは西日本新聞社のホームページで読むことが出来るので、今日の分も後日アップされるのでは?)。
もちろん「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の代表者として。
子育て論なんてことは言える立場ではないので、あやたん誕生からこれまで感じてきたことを、あんなにとりとももなくダラダラとお話しさせていただいたのに、ホントに上手く素敵な文章にしてくださっている。
親子三人の写真も大きく載せていただいた。
あやたんとにいたんの表情がとてもイキイキとして印象的な写真だった。
さすが、プロ!!
夜、新聞を見たパパは「いいな〜。パパも一緒に写りたかったよぉぉぉ」だって。

実は今日「来月からカンガルーの親子に参加したい」というお電話を頂戴した。保健師さんからの紹介とのこと。500gちょっとで誕生し、来月で1歳になるNっ子らしい。
きっとお母さんは、これまで一人でいろいろ抱え込んできたんじゃないのかな。同じように22、23週、500g台で生まれたNっ子も何人か来ているからたくさんお友達作って欲しいな。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

看板孫娘

今日はどうしてもばあちゃんが行かなければいけない用事があり、

開店に間に合うようにお店の留守番に行ってきた。

ピア・ショップ田でん・・・なかなかの反響。

佐賀新聞、朝日新聞(佐賀県版)、西日本新聞でも記事が掲載された。

昨日の夕方には佐賀テレビでも報道された。

今朝も、開店直後から地域の方が、お買い物に来てくださった。

シフォンケーキやマフィンなどお菓子類も好評のようだ。

お野菜も朝採ったものを作業所から運んでくるから新鮮。

あやたんもベビーカーに座って、お客さんのお相手。

留守番をしている間、赤ちゃん連れの親子3世代でお菓子を買いに来てくれたお客さんが来た。

お決まりの「あ~、赤ちゃんがいる。何ヶ月ですか?」

ママ:「は~い、訳ありの来月で1歳半ですよ」

お客さん:「??。」

ママ:「4ヶ月も早く出てきちゃってね」

おばあちゃん、お母さんは驚きの渦の中へ・・・

そりゃそうですよね。500gもない赤ちゃんなんて驚きですよね。

抱っこされていた赤ちゃんは、1歳1ヶ月ということ。多分、あやたんの本来のお誕生月生まれ。目を白黒させながら自分のお子さんとあやたんを見比べていた。

ベビーカーに座っていたせいもあるかもしれないけど、パッと見た感じ、その子と比べて極端に小さいという感じはなかった。

その姿を見て、ホントよくここまで大きくなったよね、とママは思う。

間違いなくインパクト大!!

帰り際、お客さんはお店の駐車場もしっかり確認。

これから常連さんになってくださいね~。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

小児整形ドクターの診察日

9時40分からのPTの後、数ヶ月に1回の小児整形のドクターの診察があった。

昨年10月からリハビリに通いだして、このドクターの診察は3回目となる。

判定は・・・・

「左右の差がますます開いてきたなぁ」

だからといって右手足がどうしようもないということではない(・・・とママは自分に言い聞かせている)。

左手がどんどん起用になってきている分、左右の差が大きくなってきているのだ。

お座りがまだ出来ないのは、右手で支えることができないから。

寝返りが出来ないのは、右足の動きがまだまだ悪いから。

ただし、右手足を触られることを拒否するほど過敏がひどくないのが幸いのようらしい。

今回は念の為、股関節のレントゲンも撮ることになった。

足を揃えると左右の長さが違うので、股関節の位置がずれていることによるものかどうかを確認するため。

素人目にも左右の骨の位置が違うことは分かった。

体全体の力のかかり方に左右差があるので、ねじれた感じと表現したほうが分かりやすいかもしれない。

右を特に意識して、とにかく気長にいくしかないかな・・・。

この診察を受ける前、待ち合いの廊下で時々リハビリの時間が重なるお母さんと初めてお話しをした。

3歳のお姉ちゃんのリハビリに、いつも赤ちゃんも一緒についてきている。

「うちの子が歩いたのは2歳半でだったよ」と声を掛けてくれた。

お姉ちゃんは、詳しくは聞かなかったけど染色体異常があり、生後3ヶ月からリハビリに通っているのだそうだ。今はすみれ園に通っているとのこと。

すみれ園http://www2.plala.or.jp/sumireen/・・・時々、黄色の幼稚園バスを見かけることがあったけど、こんな近くに知的障害児のための通園施設があったということは知らなかったな。

弟くんの目が少し気になっていたら、お母さんから話してくださった。

網膜がかなり悪い状態で生まれ、網膜はく離を起こして見えていないとか・・・。なんと九大の眼科らしく、先生の共通する方が何人かいて大盛り上がり。

いろんな病気、障害を持つ子がいる。

お母さんも子供も、もちろんお父さんも、家族みんなで闘っている。

みんな、頑張るぞ!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

見えてる!食べてる!

ようやくコンタクトにも慣れてきて、光や形の大きいものを漠然と認識しているぐらいなのかな~と確信しつつあるものの、やっぱり時々、あやたんの視力に関しては不安になってしまう。

たとえば、発達をみる検診でも「手を伸ばして物をつかむか?」という項目では、見え方に問題があるので「つかまない」となり、どうしても発達状況が悪く判断されてしまっていた。

今日はちょっといたずらをしてみた。

赤ちゃんせんべいやパンなら手に握らせると自分で食べることができるようになってきたので、

あやたんの顔の前20cmほどのところに、おせんべいを持ってチラつかせてみたのだ。

すると、ちゃんと自分の手を伸ばして掴み、口に持っていくじゃないですか!!

ちぎったパンもちゃんと手を伸ばし、ママの手からしっかり掴み口に入れた!!

すごいぞ、すごいぞ。

ちゃんと目で認識して、距離感もつかめている証拠。

ちなみにその後、椅子の周りはまるですずめのエサ場状態になっていたことは言うまでもないけど・・・。

カーペットがパンくずで汚れようが何しようが、これほど嬉しい進歩はないのだ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

盲学校のおにいちゃん

今日は、町内の子ども会の新入生歓迎会。

ということで、朝からあやたんも連れて三人で近くの児童館に向かった。

1年生から6年生、やっぱり小学生の集団は騒々しい。

それでも、あやたんは泣きもせず、ぐずりもせず、なんだか楽しそう。

子供の声ってやっぱり特殊なのかな。

さて、この歓迎会に盲学校に通う1年生のお兄ちゃんも参加していた。

4年生のお姉ちゃん、幼稚園にあがる前ぐらいの妹さん、お母さんと一緒に来ていた。

昼食は外でみんなでシートを広げて食べることになっていて、その時、そのお兄ちゃんのお母さんに声をかけてみた。

「この子も時々、盲学校に遊びに行ってるんですよ」と切り出すと、初対面なのに「福大?九大?それでそれで・・・」と話しは尽きない。(実際には子供たちに振り回されて満足には話せなかったけど)

おにいちゃんは、福岡市内のあいあいセンターで訓練したことを教えてくれた。「ほんとはもっと早くから訓練させればよかったと思っている」と話してくれた。

アンテナを張り巡らせると、結構、近くにお手本になる人がいるもんだな~と思った。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

チャイルドシート講習

4月のカンガルーの親子、テーマは「チャイルドシート」。

Nっ子たちは退院したあとも普通の新生児以上に病院に行くことも多く、車で移動することが多い。

ゲストにアップリカさんに来ていただき、実際にチャイルドシート、ジュニアシートを使用しての説明に大盛り上がりだった。

退院して実際にチャイルドシートを使用している方の参加も多かったが、Nっ子特有の体が小さかったり、首のすわりが遅いなどで、うまく使えずにいるという声も多くあがっていた。

今回、アップリカさんにお願いしたのは、ベット型のチャイルドシートを持っているから・・・。

呼吸の問題などで病院からベット型を薦められる方も実際に多いから。

作業療法士の先生やNICUの看護師長さんの意見も聞けた。

Photoまず、2000年4月から6歳未満の子供の安全のためにチャイルドシートが義務付けられたが、H18年度でもその着用率が50%に満たないという話しが出た。さらに、着用していてもその取り付け方が間違っていたり、ベルトの緩みが不適切であったりする場合が多いのだと統計があるそうだ。

http://www.aprica.jp/hm/html/html2007/products/function/childseat_basic.html

車種とチャイルドシートの相性を確認することも大事とのこと。

その後、実際にチャイルドシートを使用して取り付け方などを実演していただいた。

ちなみにあやたんが現在使用しているチャイルドシートは、にいたんが使っていたアップリカのもの。つまり7年も前のもの・・・・。なんだか7年もの間にずいぶん進化したものだ。

つい最近、Nっ子が退院したお母さん、ちょうど同じタイプのものを購入したらしく、ベルトの緩み具合がどの程度がいいのか具体的に質問していた。

2歳児もカンガルーの親子にはたくさん参加しているので、ジュニアシートの質問も予めしておいたら、こちらも実際に商品を持ってきてくださっていた。ちなみに持ってきてくださったのはコチラ→http://www.aprica.jp/hm/html/products/seat/moving.html

9kgから使用できるとのこと(あごがインパクトシールドに乗る高さであること)。そして11歳ごろまで使えるというから驚き。車のシートベルトは140cm以上の身長を想定して設計されているのだそうだ。

ということは、やはりかなり長い期間、チャイルドシート、ジュニアシートのお世話になるということになる。

さて、チャイルドシート、ジュニアシートをみんなでぐるりと取り囲み、実際に子供たちを乗せてみた。

Photo_2

購入したチャイルドシートでは体がグラグラして怖くて使えなかったという方も赤ちゃんも試乗。なんだかとてもご機嫌。お母さんは、もっと勉強して購入すればよかったとしきりに言っていた。

作業療法の先生からのアドバイスも飛び出した。

どうしてもサイズが合わない場合はウレタンなど軟らかい素材を利用することもひとつの方法。

といって、頭のサポーターの部分のファスナーをあけて・・・・

「ここに入れてしまうという方法もあるよ」と一言。

頭がグラグラしない方法を考えてあげて欲しいとのこと。どうしても体が小さいというのが特徴なので、市販のものをいかにうまく利用するかを考えることが必要。

早く産まれてしまうと(週数浅ければ浅いほど)、どうしても、首のすわり、腰のすわりが遅い子が多い。体も小さい時期が長い。つまり新生児の状態が普通の赤ちゃんより長くなる子が多い。(もちろんすぐに発達が追いつく子もたくさんいるけど)

ジュニアシートのほうも、実際に座ってみたNっ子はなんだかご機嫌だった。(珍しいものに座ったからだけ?)2歳すぎると窮屈なベルトで固定されると嫌がる子が多いけど、これならなんとかなる?!

横向き型かベット型かという意見はメーカーによってもいろいろあるようだが、

はじめはレンタルで発達の様子を見てから決めてみては?という意見もあった。

ちなみに、あやたんの場合は、体の発達(首のすわり、腰のすわりが遅い、さらに体が右に傾く)問題が多く、リハビリの先生とも相談のうえ、ベット型でかなり長い期間使用したし、にいたんの時にはすぐに使わなくなった頭のサポーターはとても有効だった。

かといって、体格がすぐ追いついた子は初めから後ろ向きのタイプで特に問題がなかった子もいる。

初めにも書いたけれど呼吸の問題を抱える子もいるので、主治医とよくお子さんの状況を相談して決めるのがよいかと思う。

ちなみにネット検索をしていたらCherishというアメリカのベット型のチャイルドシートを発見。(使用は4kgまで)医療機関を通して手軽にレンタルできるシステムができるといいなと思う。→http://home.att.ne.jp/orange/CSS/Hospitals.htm

何はともあれ、安全運転が第一。

いろいろアドバイスをくださる聖マリア病院の先生からは

「よく、ニュースで事故の報道があります。大人は軽症だが、子どもだけが重症を負ったケースはほとんどチャイルドシートをしていないか、正しく装着されなかったケースだろうと推測しています。
外来で経験したことですが、チャイルドシートからクーハンに移すときに赤ちゃんを地面に落としてしまわれたかたがいらっしゃいました。
また、移し変えるのが面倒なので、クーハンをシートベルト代わりにされている方もいらっしゃいましたが、これはきわめて危険です。赤ちゃんのころからチャイルドシートをしているとそれが自分の場所と認識されるようになるので、後々楽です。」というアドバイスをいただいている。

作業療法の先生も講習会の中で、「まずは静かな運転が大切」とおっしゃっていた。事故を起こさない、遭わないというのはもちろんだけれど、急発進、急停車、急ハンドル・・・これを避けることが子供たちに余計な負荷をかけないことになるということを肝に銘じておきたい。

6月からは後部座席のシートベルトも義務化されることも念頭にいれておかなくてはいけない。

そして、これから暑い夏を迎え、チャイルドシートはとても暑くなる。子供たちの体に必要以上に熱をこもらせない工夫も必要になってくる。

さぁ、車での安全、もう一度確認しよう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

4月のカンガルーの親子の会

早いもので、「カンガルーの親子」の会も今回で6回目となった。
半年なんて、ほんとあっという間…
この半年で30組の方が会に参加。中には初回から、また、出産翌月から毎回参加という方もいる。仲間が多いのは嬉しいけど、そんなに超極低体重で産まれる赤ちゃんが多いのかと…少し複雑な思いも正直ある。
参加するメンバー、子供たちにもいろいろな変化、進歩があった。
半年の間にNを卒業して自宅での育児がスタートした人。
寝返りやお座り、ハイハイ、つかまり立ちができるようになった子。
力も強くなり、顔の表情が豊かになった子。
集団生活がスタート、新たな一歩を踏み出す子。
お母さん自身が積極的になりお子さんを療育相談や幼児教室にどんどん連れ出すようになった人。
開いたままだった動脈管が無事に閉じた子や水頭症の症状が落ち着きシャントが不要になった子。
その他いろいろ… 

今回も新しい方の参加があった。ネットで調べて参加したいという電話が会場でお世話になっている保健福祉環境事務所に事前に入った。
なんと北九州から。旦那さんの運転で親子3人で初参加。
同じ経験を持つ人の話を聞きたい…その気持ちはきっとみんな同じなんだな。

さて、今月はアップリカさんをゲストにチャイルドシートについてアレコレ盛り上がった。

その模様については別途ご紹介することにする。

ちなみに5月はフリートーク。いろんな方といろいろおしゃべりして欲しい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日、開店…ばあちゃんの挑戦

Photo_2 「ピア ショップ 田でん(でんでん)、本日、オープン!!
ということで、ママとあやたんも朝早くから開店のお手伝いに行ってきた。

このお店は、ばあちゃんの心の中にずいぶん長い間あった想いを実現したもの。
佐賀県内にある授産施設で作られた製品を一堂に集めて販売するお店。
ばあちゃんは一人でコツコツと各授産施設と交渉し、結果、15施設から協力を得ることができ、オープンとなった。

お店の名前「田でん(でんでん)とは、いろんな意味を込めている。

でんでん虫…ゆっくりだけど確実に前進
田…物を生み出す場所の象徴
ついでに、ばあちゃんの下の名前に「田」がついてるから(珍しいでしょ。いつも勝手に「由」に変えられてしまう。)

今朝の佐賀新聞にも掲載され、問い合わせの電話も朝からかかってきた。

ずっと専業主婦だったばあちゃん、もちろん販売なんてしたことなんてない。
いったいどうなることやら…。
ママのアドバイザー業務は当分続きそう?!

さて、ご協力いただいている施設の皆様は
 
◎小城市授産場
◎ワークスピア天山
◎かささぎの里
◎どんぐり村
◎SAKURA
◎レインボーハウス
◎響
◎みのり作業所
◎福祉作業所「DETEKOI」
◎ホットポット
◎佐賀みょうが塾Nファミリー
◎ともしび
◎スプリングフィールド
◎青葉園
◎久保田サンハウス

Photo雑貨や陶器、クッキー類、野菜、味噌…いろんな物が集まってなかなか楽しい。

授産施設のこと、そこで働く人たちのこと、もっともっと自然に普通に知って、接してもらえると嬉しいな。

場所は佐賀北高校の近く(佐賀市天祐1-3-37 ハイマートさんの道路挟んで斜め向かい 0952-22-4353 9:30~18:00 日・祝日休み)

近くにお越しの際は、是非、お立ち寄りあれ!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

初めての電車&ファーストシューズ

本当なら、今日は予防接種(3種混合の4回目)を受けにいく予定にしていた。

でも、おちょこちょいのママはやってしまった。

予約を入れた後、よく考えるとまだ3回目の接種から微妙に半年たっていなかった(ほんとにほんの数日だけ)。そのことを先週末、気がついて予約を入れなおすことに・・・。

予防接種に行くつもりで、リハビリもお休みにしてしまっていたので、天神に友の会(デパート)の満期の手続きに行くことにした。

あやたんと一緒の時は、いつも天神まで車で行くけれど、今日はお天気もよく暖かい。電車の中の風邪バイ菌もずいぶん減っただろうと考え、電車で行くことにした。

ママと二人だけの、初電車。

電車なら片道15分。(車だと道や駐車場が混むと1時間近くかかる・・・)

いざ、出発!!

毎日、通勤で使っていた電車。

通勤時間帯の満員電車にベビーカーは大迷惑。

だから、1歳のにいたんを毎日抱っこして乗っていた電車。

懐かしいな~。

仕事に育児・・・一体どうやってこなしていたんだろう。そんな毎日、もう一度やれって言われたら、きっともうできない。

あやたんもお腹の中で、いつも聞いていた電車の音と振動・・・覚えているかな?

電車の中で泣くこともなく、とてもいい子にしていたあやたん。

というより、眠かったみたい。

友の会の手続きも済ませ、商品券を手にしたママはお買い物に直行。

今日の目的の二つ目。

それは「あやたんの靴」

もちろん、歩くための靴でもなければ、いわゆる可愛いファーストシューズでもない。目的はリハビリ用の靴。

かかとが硬く、ハイカットの靴を買うこと。

購入したのはSHOWAの「MYBALL」という靴。

もう一つの候補靴、アシックスのスクスク(病院から薦められたブランド)から写真で見る限り申し分のないハイカットの靴が新しく出ているらしいけど、残念ながら店頭に出ていなく、実際に確認することができなかった。

080414_231438購入したこの靴、ピンクの革靴で可愛いのなんのって!!

店頭には白、黒の基本色のみだったけど、店員さんがあやたんを見てピンクを持ってきてくれた。

ママの中での条件はクリア。ただし、サイズ以外・・・・。(12cm~です)

明日のリハビリで先生に見てもらおう。本格的に歩けるようになったら、スクスクを試してみることにしよう。

何はともあれ、買い物も全て終わり、帰りの電車では、振動や対向電車とすれ違う音にびっくりした様子。

マンションの前までくると、ちょうどにいたんが小学校から帰ってきた。

往復の電車でちょっと無表情で言葉少なくなっていたあやたんも、にいたんの声を聞いたとたん、キャッキャッと興奮して笑い始めた。

今度はにいたんと電車でお出かけしようね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

いろんな報告

続けていろんな報告メールをいただいた。

NICU退院に向け、母子入院中の方からは、経過報告。

検査入院で親子で入院中の方からは、無事に終わったこと。

そして、2人目懐妊の報告まで!!!

彼女は、ずっと二人目が欲しいけど、でもまた次も・・・だったら怖いと悩んでいた。嬉しい報告。誕生して家に帰ってきたあとも、入院が何回も続いていたけど、きっと状態が落ち着き、お母さんの精神状態も少しホッとしたんだろうな。おめでとう。

今はつわりがひどく今月のカンガルーには来れそうもないけど、ということ。

会に来るより、とにかく最後まで無事にお腹の中で育ってくれることが一番。みんな応援しているよ!!

できれば兄弟って・・・思うのが親心。

中学時代、近くにこんな仲良しの親子がいた。

長女さんは重度の身障者。完全寝たきり。自力で動くことはできないし、話すこともできなかったはず。たしか私より何歳か年下だったと思う。

そして妹、弟がいた。とても仲良し5人家族だった。

そのときは、兄弟がいたことを不思議に思わなかったけど、

今、こういう状況におかれると、おばちゃんの凄さ(素晴らしさ)を感じないわけにはいかない。

いつも明るくて、どちらかというと体の線は細い方なのに、とてもパワーがあった。四国に転勤していってしまったので、会うことはかなわなくなったけど、今でも、ばあちゃんと連絡を取り合っている。下の二人がお姉ちゃんを助け、とても立派な青年になっているという話も聞いている。(考えればもう20代後半かな?)

他にもメールをやり取りをしていた方から、お子さん(2番目)の重複の障害(視力がないなどの)が確定し、親が亡くなったあとのことを考えると、一番上のお子さんだけではかわいそうだからと、3番目のお子さんを産んだのよ、という方もいた。だから3番目はどう??なんて薦められたこともあったな。

年齢と経済力と高血圧の問題がなければ、チャレンジしたかもしれないけど、今のママの諸条件から考えるとあまりにも無謀すぎる・・・。

多かれ少なかれ、きっとみんな兄弟のこと、悩んでいる人、多いだろうな~。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にいたん、ピカピカの1年生

なんとか雨も上がり、入学式当日を迎えた。

にいたんはソワソワ。

あやたんはハテナ。

さすがに、まだ雨がいつ降るか分からないような曇り空だし、少し肌寒い。

きっと体育館は底冷えしそうだな。

ということで、朝からお祝いに来てくれたばあちゃんと、あやたんはお留守番。

ピカピカの1年生のにいたんは、久しぶりにパパ、ママを独り占めして小学校に向かった。

ママの時代とはずいぶん勝手の違う入学式だった。

6年生、2年生の歌や劇のアトラクションがあったのだ。ちょっと驚き。

そのおにいさん、おねえさんの姿に何故かウルッと来てしまったママ。なぜなんだろう・・・。

式の間、ついつい5年後のことを考えてしまう。

あやたんが1年生になるとき、にいたんは6年生。

いったいどんな1年生になるんだろうって。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大雨の定期検診

天気予報は見事に当たってしまった。

病院に行く時間から、雨が降り出してしまった。

だんだん本格的などしゃ降り・・・・。こんな日に病院だなんてトホホだ。

でも心強い助っ人がいる。こんなとき、本当ににいたんは便りになる。

病院の玄関前(屋根があるから)に車を停車させ、急いで二人とベビーカーを下ろす。駐車場に行っている間、しっかりにいたんが、あやたんを守ってくれるから、何にも心配しなくていい。

さて、検診。

今日は小児科に上がる前に心電図をとることになっている。

にいたんが使っていたA型のベビーカーを使っているのだが、検査の先生はあやたんを見て、「ベビーカーのまま心電図とろうかな。」って。

完全リクライニングだからベットにして、あやたんの機嫌を損ねることなく、スムーズに終了!

その後、小児科外来に上がり、全身の計測

15日で1歳5ヶ月となるあやたんは・・・

身長 67.7cm 体重6575g 胸囲44.4cm 頭囲40.4cm

先月から身長は伸びず、体重だけが増えた。

先月までは身長がぐんぐん伸びていた感が強かったけど、どうやら今は身に蓄える時期なのか・・。よく食べるもんな。

先の心電図のデータを見ながら、若干、右心室に負荷がかかり気味だけど、すぐに問題視するほどではないだろうということ。もっと波形が大きければ肺高血圧症が疑われるそうだ。

先生はあやたんの顔色を見ながら、「顔、白いかな~。貧血気味かな。でもちゃんと食べれているみたいだから、あえて血液検査しなくてもいいかな。」と。

ママにしてみれば、貧血気味で顔色が白いという認識はない。元気そのものだから、ママ譲りの(?)ただの色白ちゃんでは・・・なんて思うのだけど、やっぱり気をつけないといけないのかな。

歯も8本生えてきたから、近々、歯科でも一度診てもらったほうがいいかなということ。こういうとき、歯学部はじめ、いろいろな科を持つ大学病院は心強い。3、6、9歳には教育学部との連携による検査もあるらしい。 

検診も終わり、4月のチラシをもって、NICUに遊びにいった。

担当ではなく、直接お話しをしたことがない男の先生に声をかけていただいた。「あやたんだよね」って。きっと発達の程度が気になっているよう。

あやたんの表情は無表情。先生が「いつもこんな感じ?」と聞くので、「きっと検診後で不機嫌なんでしょうね」と答えた。ところが、その直後、懐かしい看護婦さんが来たら、ニコっと笑って声を出してる。

もしかして、あの服(NICU内では白衣ではなく緑系の服のことが多い)を着たドクターは痛いことするからみんな嫌いって思ってる??ピンクの看護婦さんは優しいから好きなのか??

どういう基準で笑ったのか謎・・・。

ちゃんと判断して笑ったのならすごいこと。ちゃんと認識して反応しているってことだよね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

人見知り、始まった?!

実は、今日、自宅でN新聞社の取材を受けた。夕刊連載中の「わたしの子育て講座」というシリーズ。
記者の方は同年代のママさん記者。カンガルーの親子の一回目の会の時に取材に来た方だ。

まだ春休み中のにいたんも同席。ママのお友達が来た気分ではしゃいでいた。取材になったのやら…。ごめんなさいって感じ。

一体いつ、どんな記事になるのかは掲載されてからのお楽しみ。

さて、帰り際、「あやたんを抱っこさせて〜」と記者さん。さすが一児の母。

ところがあやたん、「誰?!」って顔がいきなり凍りついた。
ママに抱っこされなおすと、途端にニコ〜ッと満面の笑み。

やっぱり、人見知りを始めた?!

やっぱり…とは、昨日のこと。
月に何度かは顔を会わせるおばちゃんに抱っこしてもらった。
気がつくと、目には大粒の涙がいっぱい。
声を押し殺し、涙をためて堪えていた。

知ってるおばちゃんだから、昨日はたまたま眠たいか機嫌が悪かっただけだと思ってた。

でも二日続けてとなると、やっぱり人見知りなのかな。

雰囲気だけではなく、ちゃんと顔を見て認識しているような感じだった。
あやたんには災難だったかもしれないけど、なんだかうれしい出来事。

感情の芽生え、そして何よりも見えてるっていう実感。
またひとつ成長。

だけど、いつも会ってるリハビリの先生や病院の先生、看護婦さんたちに、突然、人見知りだなんてのはやめてね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にいたんと天神デート

4月は年度始め。辞めた会社でも人事異動がいろいろあったようだ。

正式に辞めて1年もたつというのに、歓送迎会に来ないかと声をかけていただいた。
お世話になった先輩が昇進して部に戻ってきたということもあり、参加することにした。

近頃、ママを占領したい、赤ちゃんに戻りたいにいたん。せっかくなので、一緒に連れていくことにした。みんな、にいたんを小さい時から知ってる人ばかり。
ちょうどおばあちゃん宅に泊まりに来ていたので、あやたんは安心してお任せ。
ママとにいたんは、佐賀から天神まで、高速バスでミニ旅行気分。

時間まで、天神のお店で少しブラブラし、おばあちゃんのお土産を買い、にいたんの大好きなおもちゃ売場で遊んだ。途中、託児所で一緒だったお友達やお母さんにも会って大はしゃぎ。

歓送迎会も終わり、さすがに帰りは大人時間。バスの中でママの膝まくらで熟睡。

あやたんに遠慮せずママを占領した数時間。たまにはおもいっきり甘えたいよね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ベビーウォーカー

ベビーウォーカー
以前、リハビリでプロンボードが始まった時、家でベビーウォーカーを試してみることはどうかと、先生と話したことがある。

自分で移動する楽しみを覚えるという意味では良いかもということだった。

そんな話をばあちゃんとしたら、「週末、泊まりに来る時、一緒に選びに行こう」と言ってくれた(つまり、お財布はばあちゃん)

金曜日のリハビリで病院にあったベビーウォーカーを試し、先生とも足の裏から刺激が入る状態を作る点で意味がありそうだし、大きさも市販品で特に問題はなさそうだということで、いよいよ買うことに決めた。

いくつか種類があった中で、
背もたれが一番高い
セーフティーベルト付き
高さが調節が一番細かい

という理由で、結局、その中では一番値段の高いコンビのものに決定。

おばあちゃんの家で早速乗せてみた。
床の感触に足が逃げたりしてたけど、まんざら嫌ではなさそう。
体も思ったよりグラグラせず、テーブルのおもちゃにも興味津々。
時間がたつにつれ、足も床を触っている。

この買い物は正解!!

しかも、安全に長い時間、一人遊びもできそうだ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

あやたんの勘違い

あやたんの勘違い

パパは出張。
一番自立できてないのはママのようで、あやたんのベットに潜り込んで就寝。

そんなママの心理をしっかりと読んでか、読まずか、
夜中の2時半、にいたんが「ママと寝たいの〜」と上のベットから下りてきた。狭いベットに三人、ギュウギュウ。

毎朝のにいたんの楽しみは、あやたんの布団に潜り込んで、二人で何やらおしゃべりをすること。
おしゃべりと言っても「ウ〜」とか「ア〜」とか言ってるだけなんだけど、なんだかとても楽しそう。

というわけで(?)、あやたんは突然お目覚め。エンジン全開でおしゃべりが始まった。
さすがに眠たいにいたんは、この状態に参ったようで、そそくさと上に上がって行った。

結局あやたん、ミルクを飲ませてようやく眠ってくれた。
朝食の準備を終わらせてベットを覗くと…

結局、二人はまた一緒に寝てるんだなぁ。

あやたんの勘違い。お陰でママは眠たい朝なのだ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

春満開!秋月ドライブ

家の近くの桜は満開。

特に予定もない。   

春休みもあと少し。

天気予報は最高。

ということで、昨日の夜、「明日はドライブしよう」とにいたんと決めた。

行き先は、ママの頭の中だけの秘密。

ということで、いざ出発!!

実は、あやたん、特別な用事もなく、気ままなドライブというのはこれが初めて。もちろん、パパは仕事なので、にいたんとあやたんとママと三人だけのドライブ。

おとといは外に長くいいることをあんなに警戒して公園に行かなかったというのに、なんだか矛盾しているママだけど・・・。幸い、天気予報どおり最高のお天気なのでほっとした。(もちろんひざ掛けは必須)

080403_110635ということで、行き先は桜の名所・秋月。

桜のトンネル、杉の馬場を見せてあげたかったから。

目的地までは、家から約1時間。1時間お散歩して、帰りに1時間。これなら、あやたんもなんとか無理せず頑張ってくれるだろう。

080403_102933子供たちに とって初めての秋月に到着。「あっちにある桜のトンネルに行くんだよ」と目的地の正体を明かすと、興奮気味のにいたん。駐車場でもらった地図を見ながら、はりきって道案内を買って出てくれた。

朝10時半、すでに観光客がたくさん。

にいたんは、桜のトンネルにも興奮してたけど、ソフトクリームに釘付け。たしかに種類がたくさん。ママは季節限定の桜ソ080403_104100_2フト。にいたんは黒ゴマソフト。6歳のわりには選ぶのが渋すぎる・・・。

ちなみにあやたんは、ミルクとおせんべい。

杉の馬場をゆっくり往復。途中、あやたんも抱っこ。おいしい春の空気を感じるのか、興奮して大声を発して楽しそう。

自然の中ってやっぱり気持ちがいい。

思い切って出てきて良かった。

帰り際、F局の中継車を発見。

なるほど、家に帰ると、秋月から生中継が始まった。

家に帰ってまた桜の余韻にひたりながら、お土産のお団子に舌鼓のママとにいたん。

来年もまたみんなで来ようね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こういう時はご近所さん

桜の花がもういっぱいの4月に突入。

にいたんの入学式までもう少しだ。桜の花、持つかな~。厳しいかな?!

さて、朝1番のリハビリが終わり、家に帰り着き、ゆっくりする間もなく、お友達との集合時間!

今日は、同じマンションのお友達と通学路を探検する約束の日。

新2年生のお姉ちゃんを先頭に、新1年生のにいたんと同じ幼稚園に通っていた男の子、そして何故か新年長さん(同じ幼稚園)。そして、その親たちとあやたんの総勢9人での大行進!

小学校までは何回か歩いていったことはあるけど、行政区によって通る道がいろいろ分けられているので、きちんと教えてもらうことに。

一応、子供たちは集団登下校だけど、親もきちんと知っておかねば!

小学生組の三人は、どんどん歩いて(というより走って)姿なんてどこにも見えない。(オイオイ、安全確認はちゃんとしたのかい??)

080401_111424到着!小学校まで約20分の道のり。

あやたんもベビーカーの中で赤ちゃんせんべんとお茶を飲み、校内を探検して帰途に着く。

お天気がよくて、ほんと良かった。

このお天気に誘われて「お昼ご飯、公園で食べた~い」と子供たちの声。

そのままお弁当を買って、マンション近くの公園に直行することに。

お天気が良いとはいえ、日影と風はまだまだ冷たい。

あやたんもリハビリから直行だし、眠たいし、お腹もすいている。離乳食さんに、市販のお弁当は食べられない。

ん~、にいたんの春休み中の欲求不満のことを考えると、連れて行きたいけど。ちょっと無理だな。

あやたん、さすがに我慢の限界にきたのか大泣きを始めた。

「大丈夫だよ」というほかのお母さん方に甘えて、にいたんだけをお願いして帰ることにした。

こういうときは本当に助かる。

夏休みなんかも、こうやって時々、にいたん一人を預けて遊んでもらう。

きちんとあやたんの状況を説明してきたから、みんな快く引き受けてくれる。というより、なかなかママは言い出せないので、向こうからお誘いしてくれる。

春休みに入ってお友達と遊ぶことができなかったにいたん。約2時間、思いっきり外で走り回って満足しきった表情で帰ってきた。

あやたんもしっかりお昼を食べて、お昼寝もできた。

春休みも少し、10日には、ピカピカの1年生だ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他の障害があるお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »