フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2007年2月分 | トップページ | 新しい仲間、また増える »

OT、ドクターの診察

3月1日

さて、今日は土曜日だけどリハビリの病院。

今回は、OTのほうのドクター診察。

先日のドクター診察はPT的な観点からの診察で、小児整形専門のドクターによるもの。

今日は、小児神経が専門のドクターの診察。

昨年、一度、受診予定だったけど熱を出してお休みしたので、このS先生とは初対面となる。

診察室に入ると、まず「小さいね~」。

修正月齢を加味しても、先生の経験から、やぱり小さい部類に入っているんだろうな。

たしかに、標準の成長曲線ははるかかなた上にある。

お座り、うつぶせ、目の動き・・・と様々な格好をさせながら発達の状況をチェック。

そして、昨年5月に撮ったMRIを見て「なるほどね」と。

MRI上では、右目の視覚もある部分が弱い(認識しにくい)というのも分かるらしい。

そして、典型的な片方麻だということ。(あやたんは左脳を出血しているので右手足に麻痺が出る。)

そして、いろいろとアドバイスをもらった。

まず、自分の手で足を触ること。足を口に持っていくこと。そんな遊びを積極的にさせるということ。

ちょうど、パ○パースのコマーシャルで赤ちゃんが自分の足を口に持っていっているシーン。この体勢がとても赤ちゃんにとっては大切なことらしい。

自分の体を自分で認識するという行為が、外からの情報を認識するためにもとても重要で、必要な通過点。

どの赤ちゃんも当たり前に自分の体で遊ぶけれど、それはちゃんと理にかなっているんだね。

先生が、あやたんの手足を口のところに持っていってあげて、ゆらゆら~。

お尻もなるべく上げ、床と赤ちゃんの接触面が少ない状態をつくるのが良いそうだ。

それと、あやたんの大っ嫌いなうつ伏せを好きになろうね~と。

どれもこれも、あやたんの苦手なものばかり・・・。試練は続くぞ。

このS先生、リハビリに通い始めの頃の右手のグーがほとんど開かなかったあやたんを知らない。

次の診察の時には、先生を驚かせてあげようね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ ←他にも未熟児を産んだ方々のブログがあります。

          是非、クリックしてくださいねhappy01(ランキング参加中です)

こちらhttp://yukkuri.top-navi.com/にも、極低出生体重児、超低出生体重児、その他、障害などを持つお子さんを持つお母さん方のホームページ、ブログがあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

« 2007年2月分 | トップページ | 新しい仲間、また増える »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2007年2月分 | トップページ | 新しい仲間、また増える »