フォト

あやたんブログへようこそ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 本日、ダブル外来 | トップページ | 2月 第4回「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の会 »

さよなら、ジュンちゃん

2月14日

今日、ジュンちゃんが死んだ…。
ばあちゃんの家の愛犬、ジュン。17才メス…。

ママが大学生の時、じいちゃんがその可愛さに一目惚れして西新の露店で買ってきたシバの雑種の仔犬。雷がなると決まってママのベットの下に隠れる。

パパとの結婚を決心したのもジュンちゃんが決め手だった。
男の人がとにかく苦手な箱入り娘。男の人がそばに来ると敵意むき出しに吠える。
ところが、パパが初めて家に遊びに来た時、全く吠えない。それどころかしっぽを振って近寄っていくのだ。

にいたんが産まれた時も、ママの大切なものというのが分かるのか、絶対に吠えないし、よちよち歩きのにいたんのいたずらに怒ることもなかった。

あやたんが産まれてからは、ジュンちゃんを思いっきり撫でてあげていない。
動物が持つウイルスや毛が気管支に入り込むことを警戒し、もう少しあやたんが強くなるまでと我慢してきた。

にいたんが幼稚園から帰ってきた。

「あのね、ジュンちゃんがね…」
「死んじゃったの?お年寄りだったから」とあっさり答えるにいたん。
でも、次の瞬間、大粒の涙がどっと溢れ出した。

「さぁ、今からさよならしに佐賀に行こうね」

目を真っ赤にしたにいたんは「あやたん、ジュンちゃんにさわれなかったね」と。子供ながらもちゃんとあやたんの状況を理解している。

ばあちゃんの家に着くなり、ジュンちゃんが眠る部屋に走って行った。

にいたんにとっても赤ちゃんの時から一緒にいる大切な家族。

帰りの車の中、にいたんは出張で来たくても来れないパパのことを思って「パパもジュンちゃんに会いたかっただろうね」とポツリ。

淋しさや悲しさを栄養に、にいたんは、人へのいたわりや思いやり、優しさを学び、またひとつ成長したと思う。

« 本日、ダブル外来 | トップページ | 2月 第4回「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の会 »

ある日の出来事」カテゴリの記事

兄弟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/10510741

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、ジュンちゃん:

« 本日、ダブル外来 | トップページ | 2月 第4回「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の会 »