フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 清水君、演歌歌手デビュー | トップページ | 便秘は辛い・・・浣腸です。 »

ある親子の手紙

ある雑誌に載っていたある親子の手紙。

息子から母へ・・・

『僕は、8ヶ月の早産の末に、先天性の心臓病と脳性まひという二つの病気をもって生まれた。

ただでさえ子育ては大変なのに、母さんはその何倍も苦労していたんだね。ミルクを吐き出し、チアノーゼで青紫色になったのを見て、母さんは真っ青になって病院に運んでくれたんだってね。

そんな苦労を僕にはおくびにも出さず、母さんはいつもニコニコしていた。

足が不自由で運動会に出られないかもしれないとベソをかいた時。勉強が苦手で泣いていた時―そんな僕を「あなたは、あなたらしく頑張ればいいのよ」と常に笑って励ましてくれた。

どんな悩みでも乗り越えられるんじゃないかと思えてきたんだ。

13歳の時、心臓の穴が自然に塞がった。運動会にも出られるようになった。短大にも進学できた。希望する会社に就職も決まった。そのたびに、母さんはポロポロと涙を流して喜んでくれた。

なぜ母さんがいつも笑顔なのか不思議だったけど、やっと分かったよ。何があっても障害とはならないことを母さんは信じていたんだね。

僕も何があっても、獅子王の心で人生で挑戦していくよ』

母から息子へ・・・

『二つの大病を抱えていたあなたが、短大を卒業して希望の会社に就職するなんて夢のようです。

あなたが生まれた時、「とても助からない」と医師から言われました。“ほんの少しでも長く生きていてほしい”。私はそう願い、祈りました。私にとっては、あなたが生きていること自体が喜びでした。だから勉強で少々後れをとっても、運動があまりできなくても、よかったのです。

それなのに、あなたは、あなたらしく、何事にもまじめに全力で頑張りました。脳性まひを克服するためのリハビリマッサージも痛みに耐えて10年間続けました。苦手な勉強にも挑戦しました。

次々と逆境を乗り越える姿を見ていると、限界というものは自分の心がつくったものに過ぎないと教えられました。

私もあなたに負けず、自分の力を信じ、壁を破っていきます(大白蓮華2008.2より)

この手紙を掲載するにあたって、「お役にたてるならば」と快諾のお電話くださったNさん、編集者の方々にこの場をお借りして感謝いたします。

« 清水君、演歌歌手デビュー | トップページ | 便秘は辛い・・・浣腸です。 »

ママがもらった勇気の言葉」カテゴリの記事

コメント

親子の手紙に涙してしまいました(ToT)
なっちゃんも17週目で陣痛がきたときは、とても助からないと言われました。
その後、長い長い入院生活を経て、無事に生まれたときは奇跡だと。
生きていてくれるだけで幸せ、本当にそうですね。
ついつい、今年で3歳になるなっちゃんに、お話が上手にならないかな、トイレができるようにならないかな、と欲を持ってしまいますが。
あやたんがあやたんペースですすむように、なっちゃんもマイペースでいこうかな♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/10824581

この記事へのトラックバック一覧です: ある親子の手紙:

« 清水君、演歌歌手デビュー | トップページ | 便秘は辛い・・・浣腸です。 »