フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 『なげださない』生き方 | トップページ | リハビリの先生のお話(要約) »

1月 第3回「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の会

1月18日

3回目のカンガルーの会。1、2回目から集っているお母さん8人に、新しくお母さん5人さんが加わった。

1回目から参加してくださっている看護師長さん、筑紫野市の保健師さん、講師の誠愛リハビリテーション病院の先生2人、ついでに(?)ばぁちゃん(ママの実母)の参加+子供たち8人。総勢26人と回を重ねるごとに参加者が増えて嬉しい。

本当はあと3人のお母さんが参加するはずだったが、急に欠席の連絡が入った。今は寒い1月、すぐに風邪をひいてしまったりと結局3回ともこれなくなってしまったお母さんも多い・・・。早く暖かくなるといいな。

今月のメインは誠愛リハビリテーション病院の作業療法士・塚崎先生のお話・・・テーマは「子供への接し方~胎児期をふまえて~」。お腹の中で赤ちゃんは何をして産まれてくるのか、そして、そのお腹の中で経験してこなければいけなかったことを経験せずに産まれた未熟児たちに、生活の中でどう接していけばいいのか・・・といったお話だ。長くなるので、のちほど別記事で書いてみたいと思う。

さて、講義のあとは恒例の自己紹介の時間。

確実に1回、2回と参加しているお母さんの表情はずいぶん明るくなっている。自己紹介のときも、前回は気持ちを押し殺すように話してくれた出産体験を、今回は笑い飛ばしながらしてくれた人もいる。(本人の了解が得られたら改めてご紹介したい)

それと手前味噌ではあるが、ばぁちゃんの自己紹介に感動したと皆、言ってくれたのが嬉しい。連れて来てよかったと思う。軽度の知的障害者の息子(つまりママの弟)を育ててきたばぁちゃんである。妊娠も6回したけど、産まれてきた命はママとママの弟の2人だけ。そんなお産にまつわる経験も話しながら、「ありのままを受け入れる子育て」という言葉に皆、ぐっときたようだ。60数年生きて、30数年子育てしてきた人の言葉は重い。

あとは、自由に他のお母さんや先生方と話してもらう時間にした。塚崎先生と発達や言葉のことを相談している人もいる。お風呂の入れ方を聞いている新米お母さんの姿もある・・・。

前回話してくれた授乳やゲップの悩みもずいぶん上手になったという報告や入院中のNっ子がコットに出れたという報告もあった。

初めて参加のお母さん方。初めはずいぶん緊張した面持ち。

おひとりは、酸素持参のお子さんと一緒のため、たくさんの人を見て初めは感染を心配して恐々といった表情だった。これまで外出をかなり制限していたようで無理もない。しかし、お子さんは、他の2歳の子供たちが遊んでいる輪の中に入り、でもしっかりマイペースでとても楽しそうに遊んでいるのが印象的だった。やっぱり子供は子供と遊びたいもの・・・。帰りにはお母さんの顔もずいぶんと和らぎ、しっかりと来月のスケジュール帳にも日程記入しました、とあとでメールが来た。

お友達同士での参加、徳洲会NICU卒業生の3人組は2歳のやんちゃ盛りの子供たちを連れてきてせいか、最初は話を聞く、話すというより子供たちの大騒ぎ(?)に終始振り回されているといった感じだろうか・・・でもこの年齢の子は騒いで、動き回るのは成長の証、当たり前のことだ。ここには2人、3人と子育てしているお母さんだっているから安心してほしい。

久留米から参加のお母さんは、11月のニュースを見て、すぐにママに電話を下さった方。小学5年生になる娘さんがNっ子。双子で誕生した男の子は生後11ヶ月で亡くなっている。歯科衛生士をしている彼女はとにかく明るいお母さんだが、出産後1年はひどい産後うつだった経験も持つという。成長した今は今なりの悩みがあるようだ。子育てには何歳になっても悩みが尽きないもの。悩んでいる種類が違うだけなんだ、きっと。

皆、いくら話しても話足りない様子。時間の12時になっても誰も帰ろうというしない。帰り支度が終わっても、また立ち止まって話している・・・。

「Nっ子クラブ カンガルーの親子」にはこうやっていろんな経験、体験を持つお母さんたちが集まってくる。ママは、またみんなから心の栄養をもらった一日だった。

« 『なげださない』生き方 | トップページ | リハビリの先生のお話(要約) »

「Nっ子クラブカンガルーの親子」」カテゴリの記事

コメント

このブログを毎日チェックするのが楽しみの日課になってます♪
看護師長さん、忙しいなか毎回参加してもらえ、専門的なアドバイス等ほんと頼りにしてます!!私達の声を聞き、自分の病院からまずは取り組んで、周りの病院にも広げていきたいって言ってくださった言葉・・・心強いです!!この会で、今のNICUを何か少しでも変えられる、糸口になれば本当によいなあって思います。今後ともよろしくお願いしますねm( )m

1回目からカンガルー親子の会出席させてもらい、その勢いを嬉しく思うばかりです。
そして、この会に最初から関われた事を、ほんとに嬉しく思います。
1回目にお話しましたが、NICUに入院するすべての赤ちゃんとそのご家族が、安心できる環境作りを…と頑張ってますが、本当に今やってる事でよいのだろうか?と日々模索中です。
カンガルー親子の会に参加させてもらうことで、いろんなことを教えてもらってます。
これからもよろしくお願いします。

歯科衛生士さん、私パソコンなんて苦手だから、名刺も手書きって、、かわいい手書きの名刺くれてたのに、ブログ初挑戦ってすごいじゃないですかーーー!!ばっちり、ばっちりですよ(~。~)v
初心・・・忘れてはいけないですね!!私なんかあゆむ誕生して1年しかたってないのに、初心忘れてます・・・初心忘れるべからず!!

久留米の歯科衛生士です。携帯メールはよく打ちますがブログは全くの初心者です。なにしろ登山さんよりひと回り上ですから(と、年のせいにしておきましょう)うちの理子(さとこ)は、96年に23週と6日510g で産まれました。双子の兄の一行は11カ月で聖マリア病院を卒業できないまま亡くなりました。この子のためにも理子を生かさなければ!と一生懸命育ててきたのに、小学5年生になり「なんでこんなことも出来ないの!」と叱ることばかり・・・これではいけないと思っていた矢先のテレビでの放送でした。拝見して昔の私を思い起こすべく、参加しました。時間の許す限り定例会に参加したいと思います。
歯のこと、分かる限り相談にのりますね。ところで初ブログはうまくいったでしょうか?

昨日は人数アップ!!しかも今まで3人しか来ていなかったNっ子達も増えて、私もかなり嬉しかったよ♪
これからどんどん増えて、皆が刺激しあえ、元気をもらいって感じで、皆で前向いて頑張っていけたら、ほんとよいよね!!あやたんママの強い思いが、この会にほんとつながっていってる感じだよ↑↑
ほんとあやたんのおばあちゃんの話、ジーンときたよ・・・あやたんママの生き方は母ゆずりだったのね!!二人に強いオーラを感じたよ。
誠愛の先生方二人にも、貴重な話聞かせてもらった上に、いろいろと直にアドバイスもらえて、ほんと為になったし、また心が軽くなりましたm( )m
次の会もまた楽しみになったよ♪♪(入院が重ならない事を願います・・・・)
最後に、このコメントを読んでくださった★カンガルー親子の会の皆様★
あやたんママがこんな素敵なブログ立ち上げてくれてますから、昨日提案があったように、自分の出産体験記や子育て奮闘記とか載せてもらいましょうよ!!
これから人数増えていくと、ゆっくり自己紹介もできなくなってくるだろうし、これから入会された方、入会しようって思ってる方に読んでもらえたら、ほんと会の為にもいいかなあって思います。もちろん、会ではない未熟児ママにも読んでもらえれば、あやたんママの思いが、未熟児ママの思いがどんどん広がるんじゃないかなあって私も思います!!
あやたんママにはまたまたお手間かけさせるけど、私も近々メールするからよろしくお願いしますm( )m


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/9959649

この記事へのトラックバック一覧です: 1月 第3回「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の会:

« 『なげださない』生き方 | トップページ | リハビリの先生のお話(要約) »