フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« セーフ続く… | トップページ | 初おむつ交換…カリメロちゃん »

とわくん母と初めて話す

2007年1月19日(生65日目)体重674グラム、ミルク12ml

面会の後、とわくん母と初めてゆっくりおしゃべりをした。

とわくんは、あやたんの翌日に産まれた男の子。

ママととわくん母は、入院中、同じ部屋の反対側のベットにいた。
あの部屋に入院する人は、皆、何かしら深刻なトラブルを抱えてる人ばかり。直接、話すことはない。体力も気力もない。カーテン越しにもれてくる会話や気配で、少し事情がわかるぐらい。

退院してからも、面会は一日30分の予約制。だからなかなかNICUで話をするチャンスもなかった。

とわくんのおじいちゃん、おばあちゃんは必ず毎週月曜日に面会に来ていて、時々、ばぁちゃんがモニター室で一緒になる。それでお互い在胎週数、体重などが近いことは知っていた。

初めて話すのに、ずいぶん色々と話した。同じ境遇にいるもの同士の安心感か…。
ママは根っからの楽観主義者で、退院直後からいろんな人からたくさんの励ましをもらい、この二ヶ月を前向きに進んでくることができた。

今まで吐き出す場がなかったとわくん母の心の奥底の辛さが伝わってくる。もっと早く話すことができればよかったと思う。

« セーフ続く… | トップページ | 初おむつ交換…カリメロちゃん »

あやたん誕生~NICU退院」カテゴリの記事

カンガルーの親子たち」カテゴリの記事

コメント

あやたんママに話しかけてもらった日からもう一年経つんですね(>_<)
「子供が生きようと一生懸命なんだから…」と、あやたんママの前向きな考えに触れて、それまではクヨクヨしてばっかりだったのですが、 お話できて救われたのを思い出します。

とわも色々心配が多いですが、あやたんが頑張ってるのをブログで読んで勇気もらっています!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/10167151

この記事へのトラックバック一覧です: とわくん母と初めて話す:

« セーフ続く… | トップページ | 初おむつ交換…カリメロちゃん »