フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

あゆ母との出会い

2007年1月31日(生77日目)体重774グラム ミルク13ml

病院に向かう時、とわくん母とばったり会った。変な時間に帰るなと思ったら、午前中、初めてのカンガルーケアだったということ。

いいな、いいな〜。

そう思いながら、NICUに向かった。

あやたんの保育器の隣には、昨日生まれた男の子。
そしてそのお母さんが来ていた。
ママの出産翌日は、自力で立ち上がることも困難で、あやたんとの面会の途中でも貧血の影響とかで気分が悪くなってしまったのに、このお母さんは一人でスタスタと歩いてやって来て、元気な人だな〜なんて思っていた。

看護婦さんが未熟児用のおむつの説明をしていた。
ちょうどママがストックを持って来ていたので、買えるお店など、話に加わる形になった。

とても元気そうなお母さんに見えたけど、やっぱり昨日の今日。気持ちが動揺していないわけがない。

あやたんは、もっと小さく生まれて、今、ここまで大きくなったんだよ〜なんて話をした。

バタバタと手足を動かしているあやたんを見て、そのお母さんは涙しながら、元気になりました、と言ってくれた。

これがママとあゆくん、あゆ母との出会い。

どんどん体重増加!パワー全開!

2007年1月24日(生70日目)体重836グラム ミルク12ml

レーザーが終わった夜からミルクも再開でき、元気いっぱいに動いているあやたん。
ほっと一安心。
急な体重増加は、もう喜ばないよ。おしっこ、ちゃんとして体調を整えようね。

2007年1月25日(生71日目)体重721グラム ミルク12ml

2007年1月26日(生72日目)体重729グラム ミルク12ml

2007年1月29日(生75日目)体重747グラム ミルク12ml

2007年1月30日(生76日目)体重753グラム ミルク13ml
眼科検査、保留

2007年1月31日(生77日目)体重774グラム ミルク13ml

コンスタントにいい感じで体重が増えてきた。

呼吸器が嫌なのか、よく口に手を持って行き、管を握っている。力が強くなってきているので、そのうち、自分で引っこ抜きやしないかとママはヒヤヒヤもん。

仰向けで寝てるとき、ちょうど目を開けてくれた。

やっぱり左の眼球の動きって変だよな〜。斜視かな?気になるな…。

赤信号…即レーザーです

2007年1月23日(生69日目)体重714グラム ミルク12ml

眼底検査のため指定された14時に病院行く。
検査の間、モニター室で待機。

とうとうダメだった。

すぐにレーザー光線の治療をします、と。
口早に治療の目的、効果、そして危険性を説明され、同意書にサイン。診察の度に待機させられたのは、この同意書が必要だから。

15時、あやたん、治療室に入る。
ママは、モニター室でじっと待つ。心の中でひたすら祈るのみ…。どうか無事に終わりますように。

待っている間、産科病棟の看護婦さんが出産したばかりのお母さんを連れてNICUにやって来た。
ママに気が付いた看護婦さんが、モニター室に入って来た。

ママが運び込まれ緊急手術の時に立ち会った方だった。
あやたんの写真を見てとても喜んでくださった。
そして、いかにその夜が緊迫した危険な状態だったのか話してくださった。
そんな中で誕生したあやたんを見て、「この子は生命力がある」と感じたのだそうだ。

何千回、何万回というお産に立ち会ってきただろう方にそう言ってもらうと勇気と力が湧いた。

あやたん、がんばれ!!

レーザーが終わり、部屋に戻ってきたのが19時過ぎ。
頑張ったあやたんのそばにもっと居たかったけど、にいたんが心配してるので帰ることにした。
また明日、来るからね。

やんちゃ娘の片鱗

やんちゃ娘の片鱗
2007年1月22日(生68日目)体重688グラム ミルク12ml

このところあやたんは活発に動くようになったらしい。
看護婦さんからのメッセージ
「朝からもそもそしたり、手を口のところにもっていったりして、かわいらしい仕草を見せてくれます」と。

どうも先日は、もそもそ動いて大移動。
回りを囲っているタオルの山を越えていたとか…。

よく動くのは元気な証拠!でも、呼吸器の管だけは抜かないでね。

初おむつ交換…カリメロちゃん

初おむつ交換…カリメロちゃん
2007年1月20日(生66日目)体重測定お休み ミルク12ml

あやたん、ようやく尿漏れパットを卒業して、ちゃんとした紙おむつになった。

紙おむつといっても、まだ体重が600グラムを超えたばかり。普通の新生児用おむつでも大きすぎる。
そこで未熟児ちゃん専用のメリーズを使う。
福岡では、このメリーズは赤ちゃん本舗にしか売ってないらしい(ママ情報では)普通のドラッグストアでは買うことができない。

そんな小さなおむつでも、あやたんにはまだまだ大きい。それで腰からお尻の部分を折り畳んで調整する。
「お母さんもおむつ替えしますか?」と言われて挑戦。
二人目と言っても保育器の中でのおむつ替えは初めて。しかもモニターのコードが何本もあり、おむつに絡まりそう。
でもあやたんは、お尻をくいっと持ち上げてお手伝いしてくれた。

パパはひとこと
「カリメロみたい…」
たしかにその表現はピッタリ!!

やっとの思いで終了。こんなに汗だくでおむつを替えるとは思わなかった。

面会の後、そのまま車で佐賀に移動。

倉庫に長い間しまったままのベビーベット、ベビーカー、チャイルドシートなどなどを確認。全てにいたんが使っていたもの。

きれいに掃除すれば全部使えそう。他にもおもちゃや服も大丈夫そうだ。

とわくん母と初めて話す

2007年1月19日(生65日目)体重674グラム、ミルク12ml

面会の後、とわくん母と初めてゆっくりおしゃべりをした。

とわくんは、あやたんの翌日に産まれた男の子。

ママととわくん母は、入院中、同じ部屋の反対側のベットにいた。
あの部屋に入院する人は、皆、何かしら深刻なトラブルを抱えてる人ばかり。直接、話すことはない。体力も気力もない。カーテン越しにもれてくる会話や気配で、少し事情がわかるぐらい。

退院してからも、面会は一日30分の予約制。だからなかなかNICUで話をするチャンスもなかった。

とわくんのおじいちゃん、おばあちゃんは必ず毎週月曜日に面会に来ていて、時々、ばぁちゃんがモニター室で一緒になる。それでお互い在胎週数、体重などが近いことは知っていた。

初めて話すのに、ずいぶん色々と話した。同じ境遇にいるもの同士の安心感か…。
ママは根っからの楽観主義者で、退院直後からいろんな人からたくさんの励ましをもらい、この二ヶ月を前向きに進んでくることができた。

今まで吐き出す場がなかったとわくん母の心の奥底の辛さが伝わってくる。もっと早く話すことができればよかったと思う。

セーフ続く…

1月16日(生62日目)体重686グラム ミルク11ml

眼科の診察の後が面会。疲れたのかぐっすり眠っている。

まじまじとあやたんの目元を眺める。
まつ毛がちゃんと生えてる〜。ちゃんと生えてくるんだね。

検査の結果…
木曜にまた再検査。

11月17日(生63日目)体重676グラム ミルク11ml

11月18日(生64日目)体重666グラム ミルク12ml

眼科再検査。また保留。

普通、火曜日だけの診察を週二回するのは、急に悪化することがあるから。
あやたんはその傾向があり、かなり注意しておかなければいけない部類に入っている様子…。

家に帰ると、「ガラスのお腹」の未熟児網膜症のところを何度も読み返していたママ…。
また火曜日に診察。

生後二ヶ月

2007年1月15日(生61日目)ミルク11ml

体重669グラム 身長29㎝

200グラムなんて微々たる重さなのに、あやたんにとってはとても大きな大きな成長だ。
顔つきも体つきもずいぶんしっかりしてきた。

体重の1グラム、ミルク1mlの増減に一喜一憂する毎日。
この前の副腎機能が低下の一件があるから、この数日間、とんとんと体重が増えてるのに素直に喜べない。
ちゃんと身について体重になってるのかな?

眼科の診察、セーフなのに…

1月11日(生57日目)体重590グラム ミルク10ml

眼科の診察で指定された14時に合わせて病院に行く。
診察の間は中に入れてもらえない。診察が終わるまでモニター室で待つ。
あんな小さな赤ちゃんの眼、しかも保育器の中にいる子をどうやって診るのか謎で仕方ない。

さて診察の結果、状態が火曜日から進行していないので火曜日に再度診ると言われた。
進行してないと言われてるのに、なんだかホッとできない。
なんでだろう。
あの先生の口ぶりは、「心配いりません」には聞こえない。

長いトンネルの始まり…眼底検査

2007年1月9日(生55日目)体重560g ミルク9.5ml

3学期の始まり。
にいたんが、新しい幼稚園に初めて行く日だ。いつになく緊張した面持ちのにいたん。
朝、マンションの下で幼稚園バスを待つ。同じマンションから5人。同じ年の男の子も一人いた。3年もここに住んでいるのに、初めて見る顔ばかり…。仕方ないよね。今まで朝早く家を出て、夜遅く帰る毎日だったから。

11時半、幼稚園ににいたんを迎えに行き、昼食を済ませ、二人で病院に向かう。
毎週火曜日はNICUの眼科診察がある。
あやたんも今日から眼科診察が始まったということ。主治医の先生から説明があった。
あやたんは内科的には人工呼吸器を外しても良いぐらい状態はいい。
ただ、また追加で木曜日に眼科の検査をすることになったので、その結果次第で外すかどうか決めますということ。

もし治療となると、レーザー光線での治療。慣れない自力呼吸とレーザー治療が重なるととかなり負担になるらしく、先生もなるべくリスクは避けたいような口ぶりだった。

木曜日の診察が何事もありませんように…

2007年1月10日(生56日目)体重563g ミルク10ml

じぃちゃん、初面会

2007年1月8日(生54日目)体重測定お休み ミルク9ml

初めてじぃちゃんが、NICUに面会に来た。ただでさえお尻が重たいじぃちゃんだが、こういう自体にはなおさら。
心配だし、不安だし、怖い…。
あやたんは、昨日のママの言い付けをよく守ってくれて、モニターにニッコリと笑った顔を見せてくれたようだ。

でも、やっぱり人工呼吸器や他のチューブがたくさんついているあやたんを見るのが辛く、その後、二度と病院に面会に来ることはなかった。

面会後、じぃちゃんと一緒にデパート(もちろんママの会社)に、あやたんのお雛様を見に行った。
3月、家に帰ることは無理だろうけど、やっぱり初節句。ちゃんと買ってあげよう…それが、じぃちゃんの口には出さない愛情表現だ。

看護婦さんのいたずら?!

看護婦さんのいたずら?!
2007年1月7日(生53日目)体重測定お休み ミルク9ml

ガーゼを帯にして、ちょうどふんどしの状態でオムツにしてくれていた。
あやたんは女の子。いつまでも、お尻を出してたら恥ずかしいもん。
看護婦さんの粋ないたずら(?)に笑ってしまった。
いやいや、はからいに感謝。

手の平で抱っこしていると、気持ち良さそうにずっと寝ている。帰る時になると起きるのはやっぱり分かるからなんだね。
後ろ髪を引かれる思い。
やっぱり30分の面会時間は短い。あっという間だ。

ほっとまた一安心

2007年1月4日(生50日目)体重562グラム ミルク9ml

年末にかかった感染の状態を確認するレントゲン検査があった。骨髄などに飛び火していることもなく、異常なしとのこと。無事に抗生剤の投与も終了。
感染も重症化することもなく、ほっと一安心。

看護婦さんからの本日のメッセージ
『全体的にちょっと丸くなってきたかな?!ほっぺがふっくらしてかわいいですね』
時々、ニコ〜ッと笑うようになり、たまらなく可愛い。

1月5日(生51日目)体重557グラム ミルク9ml

1月6日(生52日目)体重565グラム ミルク9ml

本日、にいたんデー

2007年1月3日(生49日目)522グラム ミルク9ml

11月から大きな不安の中、我慢をたくさんして頑張ってくれたにいたん。パパもようやくゆっくり休みが取れることになったので、丸一日、にいたんデーにしようということになった。

まずは病院に母乳を預ける。そしてそのまま、香椎花園にレッツゴー!!

10時の開園前に到着すると、なんと入口にボーケンジャーが出迎えてくれた。にいたん、いきなり大興奮!!!
ありとあらゆる遊具に乗り、ボーケンジャーのショーも見た。10時から15時まで、たっぷり遊んでとても満足そう。満面の笑顔がたまらない。

そして病院へ。
パパとママを久しぶりに独り占めして納得したのか、安心したのか、
「一人で待ってるから、二人であやたんの所へ行っていいよ」と、にいたん。

子供は大人が考えてもいる以上にいろんなことを敏感に感じとっている。この毎日の生活の意味、あやたんのおかれている状況がわかっている。そして不安でいっぱいだ。
普通の赤ちゃんがえりとは違う、説明のつかない心理状態なのだと思う。

どうしても下の子、病気の子のほうに神経が行きがちだけど、陰で我慢している子にこそ、おもいっきり抱きしめてあげないといけないのだと、そう思った一日だった。
にいたん、いつもありがとう。

お正月

2007年1月1日(生47日目)体重559グラム ミルク9ml

新しい年の始まり。
今年は家族がみな健康で、そして一日も早く家族4人揃って生活できますように。

お正月でも病棟は休みではないので面会に行く。
さすがに外来は休みだし、なんとなく病院全体がひっそりとしていて空気が違う。
あやたん、あけましておめでとう。

面会後、そのまま佐賀の実家に向かう。
いつ病院から呼び出しがあるかわからないとヒヤヒヤの毎日で、ずっとアルコールを口にすることがなかった。
でも今日ぐらい、ほんの少しだけ飲んでもいいよね。オッパイに出ないぐらいだけね…。

2007年1月2日(生48日目)体重559グラム ミルク9ml

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »