フォト

あやたんブログへようこそ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mamma mano

Nっ子クラブ カンガルーの親子

姉妹サークル

  • ちっちゃなおてて
    カンガルーの親子メンバーで日本ベビーサイン講師のママのページです
  • ピアふれんど
    ピアふれんどは「障がい児・健常児…子育て応援」 をテーマにし福岡で活動しています。
  • ピュアハート
    ピュアハートは、ダウン症など知的障がい児(七人)の音楽バンド。筑紫、福岡を中心に兄弟・家族参加型の音楽ランドという教室(?)もあります 
  • 四葉の会
    病気やハンディキャップも持って産まれた子供たちのための会です。スタートしたばかりの会です。
  • めぐみっ子くらぶ
    福岡を中心に活動している弱視の子供を応援する会

未熟児ブログ集

  • にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
  • 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  • にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
無料ブログはココログ

« 一夜明け、初対面 | トップページ | あやたん出血の翌日 »

初めての試練・・・頭蓋内出血

11月17日

あやたんの名前が決まった。あやたんのあやは「綾」。いろんな人の助けで誕生した命。これから、いろんな人と人との素敵な関係の中で育っていって欲しい・・・そんな思いから命名した。

名前が決まりほっとして、午後8時の面会時間終了ぎりぎりまでいたパパは病院を後にした。

午後8時30分。あやたんの主治医の女性医師が病室に駆け込んできた。「肺から出血してかなり危険です。急いでNICUまで来てほしい」と。

ママは、まだ思うように動かない体を必死に車椅子に移動させ、看護師さんに押してもらいNICUに向かった。

緊迫した冷たい空気が流れている。保育器の中に手を入れ、小さなポンプのようなものであやたんの蘇生を必死にしてくださっている先生の姿が飛び込んできた。ガーゼは血だらけ・・・。モニターはずっと赤いランプが点滅している。

一瞬、テレビドラマによくある、あの心拍モニターが「ピー」と波形が平らになってしまうシーンが頭をよぎってしまいそうになった。

ママは、あやたんを半ば叱り飛ばすように凝視して、心の中で「あなたは死ぬんじゃない。生きて、やらなければいけないことがあるから生まれて来たのよ!!」と叫んでいた。

きっと、ママの形相はすごかったのだと思う。状況を説明しようとしていた先生の口が閉じたのを背後で感じた。

パパも病室にやってきた。

肺からの出血、そして血圧の変動のショックで脳も出血しているようだとの説明を受けた。

そしてパパは聞いた。「たとえ1%でも、助かる確率はありますか?」

その気迫に満ちた声に先生は、「はい」と答えてくれた。「それでは、全てを先生にお任せします。娘をよろしくお願いします。」

戻りたくはなかったけれど、ママは病室に戻るようにいわれた。パパはフロアの待合室で待機することにした。

明け方、あやたんの蘇生をしてくれた先生が、コーヒーを買いにパパが待機していた待合室に来た。なんとか容態も落ち着いたようだ。

« 一夜明け、初対面 | トップページ | あやたん出血の翌日 »

あやたん誕生~NICU退院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520683/9866678

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての試練・・・頭蓋内出血:

« 一夜明け、初対面 | トップページ | あやたん出血の翌日 »